~今が旬!貴重な「ひみ寒ぶり」をはじめ、氷見市の里海・里山の魅力が満載~

<新春きときと氷見市フェア> ■期 間 平成30年1月15日(月)~28日(日)

東京・日本橋で「新春きときと氷見市フェア」初開催!

富山県の西部、能登半島の付け根に位置する氷見市(ひみし)が、来る1月15日(月)~28日(日)の14日間、 首都圏情報発信拠点「日本橋とやま館」(http://toyamakan.jp/)において、氷見市の魅力を1週に つき1テーマ で、2週にわたって発信する「新春きときと氷見市フェア」を開催します。氷見市として、「日本橋とやま館」で のフェア開催は、今回が初めてです。

第1弾企画は、同館内和食レストラン「富山はま作」において、シーズン真っ盛りのブランド魚「ひみ寒ぶり」を 使った特製ランチメニューの提供を通じて、「ひみ寒ぶり」の魅力をPRします。
第2弾企画は、交流スペースにおいて、氷見市の「里海と里山」の特産品の販売や市内の観光スポットのPRを行います。 実物大のブリの模型など、氷見らしさを演出した観光PRコーナーを設けてお待ちしておりますので、ぜひお越しください。

<第1弾「ひみ寒ぶり」特製ランチウィーク>

期間中、 「富山はま作」において、特別メニュー『「ひみ 寒ぶり」の刺身入り特製定食』を1日限定15食で提供します。
この機会にぜひ、食通垂涎のブランド魚「ひみ寒ぶり」をご賞味ください。

■期 間 平成30年1月15日(月)~21日(日)
 ランチタイム(11: 30~14:30/ LO.14:00)
■場 所 和食レストラン「富山はま作」(「日本橋とやま館」1階)
■提供数1日限定15食
■価 格2,800円(税込)※不漁などにより、「ひみ寒ぶり」が提供できない場合があります。

toyama_0115.JPG


※写真は提供イメージです。

<第2弾氷見市「里海・里山」特産品コレクション>

22日(月)からスタートする第2弾では 、食材の宝庫・氷見市から、漁師 町自慢の「干物」や「巻きかまぼこ」、和牛の名品「氷見牛」、三大手延べうどんの一つ「氷見のうどん」など、「里海や里山」の味の名品をラインナップ!!「日本橋とやま館」初登場の商品が多く揃います。
■期 間 平成30年1月22日(月)~28日(日)10:00~19:30
■場 所 「日本橋とやま館」交流スペース
■関連サイト「日本橋とやま館」公式サイト
HP:http://toyamakan.jp/
FB:https://ja‒jp.facebook.com/toyamakan.jp/

toyama_0115_2.PNG

<氷見市の魅力のご紹介>

氷見市は、富山県の西北部、能登半島の東側付け根部分に位置し、 晴れた条件の良い日には、富山湾越しに3千メートル級の山々が連なる立山連峰の雄大な姿を望むことができます。
また、「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟し、天然のいけすと呼ばれる富山湾からは、四季を通じて 多くの種類の魚が水揚げされます。「氷見牛」や「氷見のうどん」をはじめ、美と健康を保つ薬効成分のある「はとむぎ」など、豊富な里海、里山 の幸に恵まれて います。HP:氷見市観光ポータルサイト「きときとひみどっと こむ」
https://www.kitokitohimi.com

toyama_0115_3.PNG

富山湾越しに望む立山連峰

<ひみぶりフェア(開催中)について>

市内各店舗では、自慢のぶり料理を競い合う「第6回ひみぶりフェア」が2月末まで開催中です。民宿や割烹、寿司屋など、市内36店舗で 、ブリの頭から尻尾まで を使った郷土料理などが提供されます。氷見市に お越し になり 、「氷見温泉郷」の美肌の湯につかって海 越しの立山連峰の絶景を眺め、捕れたての魚を召し上がってみませんか?

<新春きときと氷見市フェア>

■期 間 平成30年1月15日(月)~28日(日)
■主 催 氷見市、(一社)氷見市観光協会
■協 力 日本橋とやま館、富山はま作

【本件のお問い合わせ】
氷見市観光交流・女性応援課
Tel0766-74-8089
kankoukouryu@city.himi.lg.jp

富山県庁(とやまけんちょう)の移住イベント一覧