都会と田舎暮らしの違い ー東京出張編ー

7月22日(金)、くもり時々雨。

東京・有楽町の交通会館にリニューアルオープンしたふるさと回帰センターで 開催の「とっとり魅力発信フェア」に参加してきました。

ふるさと回帰支援センターは、田舎暮らしやIJUターンなどをサポートし、全国各地の情報を提供するところ。 このたび、各都道府県の相談員が配備され、より利用しやすくなりました。 しかも鳥取ブースは入口のいちばん近くです。

FullSizeRender.jpg

初日は、オープンを記念して、平井知事や鬼太郎、コナンも駆けつけ、鳥取の魅力をPRしました。

今回は、東京に帰省して気づいた「都会と田舎の違い」です。

イベントを終えて、有楽町駅前を歩くと、都知事選に出馬の鳥越俊太郎さんが演説をしていたり、ポケモンGOをする親子がいたり、サマージャンボをPRするキャンペーンガールと、ラッキーセンターの1番窓口に大行列をつくる人たちがいたり、広告も地方よりもずっと多い。 東京は、歩いてるだけで流行を感じられます。

一方、田舎はというと、そもそも車移動が多く、歩くことが少ないです。 それでも感じるのは、季節の移り変わり。 とくに自然環境の魅力は、都会では感じられないものです。 山や田んぼの緑色の鮮やかさ、冬の白波が立つ海岸と、夏の凪で透明度抜群の海、ご近所さんからいただく旬の野菜や海産物。 旬のものは、きれいでおいしい。そして、期間はあっというまに過ぎていきます。

今日は、鳥取に戻ってきてのんびり時間。 夕方からは、地域の夏祭りです。

IMG_2830.JPG

新宿は夜も人が多い

田中 泰子

田中 泰子

鳥取県庁

東京生まれ。2013年7月に岩美町地域おこし協力隊として移住。 町観光協会に所属し、アニメ「Free!」で地域とファンをつなぐ事業や、民宿支援、観光振興などに携わる。写真家・市橋織江さんに撮影してもらった岩美町の観光ポスターは、第64回日本観光ポスターコンクールで日本観光振興協会会長賞を受賞。 協力隊の任期が終わった2016年4月から、移住を検討する女性単身者のためのシェアハウス「TACOBUNE」を運営。さらに空き家を改修して自分の家をつくっています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

鳥取県庁(とっとりけんちょう)の移住ブログ