移住のきっかけ

移住先の地域の方や、移住相談会で相談者に必ずといっていいほど聞かれるのは、移住したきっかけ。
「なんで鳥取に?」という質問を何度も受けてきました。

私の場合、東京で生まれ、大学を卒業して就職まで引っ越しはありましたが、東京以外に住んだことがありませんでした。
初めて出会った鳥取県人が、旦那さんです。
もう少し東京で仕事をしたい気持ちはあったけど、2カ月に1度くらい鳥取を訪れるようになって1年後、住んでみたいと思った岩美町で地域おこし協力隊の募集があり、移住を決めました。

移住のきっかけは、結婚地域おこし協力隊

他の移住者も、旦那さんや奥さんが鳥取出身だとか、おばあちゃんが鳥取の人だとか、家族内に縁のある人が多いように感じます。
もちろん、その地域が気に入ってという人もいますし、「3・11」がきっかけという人も。

生まれた場所は選べないけど、住む場所は自分で選ぶことができます。
「仕事」と「住まい」の問題はありますが、住む環境を変えると、生活は大きく変わってきます。
都会にはない田舎暮らしの魅力や、田舎にはない都会暮らしの魅力、どちらもあると思います。
どちらが、自分らしい生活を送れるのか。
「都会と田舎の暮らしの違い」はまた次の記事で。

IMG_2570.JPG

昨日(7月7日)の白兎海岸。海の家ができていました。

田中 泰子

田中 泰子

鳥取県庁

東京生まれ。2013年7月に岩美町地域おこし協力隊として移住。 町観光協会に所属し、アニメ「Free!」で地域とファンをつなぐ事業や、民宿支援、観光振興などに携わる。写真家・市橋織江さんに撮影してもらった岩美町の観光ポスターは、第64回日本観光ポスターコンクールで日本観光振興協会会長賞を受賞。 協力隊の任期が終わった2016年4月から、移住を検討する女性単身者のためのシェアハウス「TACOBUNE」を運営。さらに空き家を改修して自分の家をつくっています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

鳥取県庁(とっとりけんちょう)の移住ブログ