「しろいし農業塾」の第3期研修生を募集します

佐賀県白石町は、肥沃な土地条件を活かして、たまねぎ・れんこん等の露地野菜、いちご・アスパラガス等の施設園芸、肥育牛を中心とした畜産業、それらを複合的に組み合わせた多種多様な農業経営が行われていますが、近年、農業従事者の高齢化、農業後継者の減少など、農業を取り巻く環境は年々厳しくなっています。
そこで、新たな地域農業の担い手として、幅広く全国から新規就農者として意欲のある人を「しろいし農業塾」研修生として募集します。
あなたも白石町で農業を始めてみませんか。

【 研修期間 】
平成31年4月1日~平成33年3月31日までの2ヵ年。ただし、都合により延長もあり得る。

【 資格要件 】
(1)日本国籍を有し、研修開始日における満年齢が20歳以上、40歳以下であること。性別不問。
(2)心身ともに健康で、誠実に研修ができること。
(3)応募の際、佐賀県外に在住しており、研修開始時、白石町に住民登録ができ、かつ、2ヵ年以上継続できること。
(4)研修終了後、白石町内において農業経営を開始することが見込まれ、近い将来、地域農業の担い手として農業を営む志しがある者。
(5)本事業における研修は、単なる体験農業でなく、生業としての農業経営を目指し、農業技術や農業経営力等を身につけるため研修制度であることを十分に理解し、農業研修、就農について家族の同意を得ていること。
(6)研修については、原則、農業塾との雇用契約にて実施とする。
(7)本研修後において、単なる親族の経営継承、規模拡大のみの親元就農予定者(いわゆるUターン就農)は除く。
(8)普通運転免許を所持し、一般的なパソコン操作ができること。
(9)新規就農のための準備金として、概ね300万円以上の自己資金を有すること。

【 応募期間および締切 】 平成30年10月1日~平成30年12月1日。(当日消印可)

★詳しくはこちら⇒しろいし農業塾生募集(外部リンク) 01.jpg02.jpg

佐賀県庁(さがけんちょう)からの移住ニュース一覧