カレーライスを作るのに9ヶ月かかるってよ!!

9ヶ月かけてカレーライスを作った方たちがいる って話、ご存知ですか?

探検家・関野吉晴先生と武蔵野美術大学関野ゼミ生による、種まきからカレーライスが出来上がるまでの9か月を記録した、

「カレーライスを一から作る」

というドキュメンタリー映画があります。

先日、その映画の上映会が 佐賀県西松浦郡の有田町 でありました。
場所は 「銀英荘」 という、今は誰も住んでいない2階建ての空アパートです。
L字型で壁に青のタイルが散りばめられています。低いブロック塀に囲まれている庭も素敵でモダンな空間を利活用した、 一夜限りの野外上映会 です。

DSC_0611.jpg

「銀英荘」は大通りを抜けて住宅街の路地を進んで行ったところにありました。

目印の看板を発見

DSC_0605.jpg

到着すると、広い庭に定員30名分の椅子が並んでお出迎え。

DSC_0617.jpg

有田町でカフェをされている 「kasane」 のカレーライスをいただきながら

暗くなるのを待ちます。

おかわり自由でした(太っ腹~)。そしておいしかった

DSC_0608.jpg

日没時間に合わせて設定された上映時間ですが、思ったより明るかったので30分ずらして開始です。

真っ暗な中、スクリーンだけが浮き彫りになって、話に引き込まれるうちに映画館にいる錯覚に

DSC_0616.jpg

映画の内容は、ぜひ皆さんに見ていただきたいのであまり触れませんが、人間にとって、「生きる」「食べる」という基本的な営みを見つめなおすきっかけにもなりそうな内容の映画でした。
上映が終わってエンドロール。映画の余韻に浸りながらふと上を見上げると・・・

そこには満点の星空が
スクリーンに映し出されるエンドロールの文字と背景と満点の星空がとてもマッチしていて、さらに余韻に浸ることができました。

DSC_0607.jpg

有田町は世界的にも有名な「有田焼」がありますが、実は移住・定住にもとっても力を入れている町です。
今回の野外上映会も、空き家を利活用したイベントですし、空き家見学ツアーなども実施しています。

自然と伝統が織り成す町、有田町へ、ぜひ遊びにいらしてください。

興味のある方はこちらから ⇒ 「アリタカラ HP」

さが移住コーディネーター

さが移住コーディネーター

佐賀県庁

さが移住コーディネーター。佐賀への移住や仕事、子育てに関するご相談はこちらまで♪ キャラクター:【さがっぴぃ】バルーン王国の見習い妖精

コメント

この投稿者の移住ブログ

佐賀県庁(さがけんちょう)の移住ブログ