あなたの夏は何から始まりますか?

夏ですね!
夏といえばそう、「祭り」です 私の夏は地元の祭りから始まります

先日22日(日曜日)に、佐賀県小城市小城町で 「小城山挽(やまひき)祇園祭り」がありました。
今年でなんと702年という伝統ある祭りです。

町を見下ろすように高台にある須賀神社を中心とした祭りで横町、上町、中町、下町の4つの地区で行います。
そのうち上町、中町、下町の3つの地区が山鉾(やまほこ)という山車「飾り山」を曳いて町を練り歩きます。

今年の人形は明治維新150年に合わせ、上町は 「西郷どん」
※大きすぎてお顔まで写せませんでしたすみません

P7223776.jpg

中町は前後に 「花坂爺さん」  「浦島太郎」

P7223779.jpg

P7223775.jpg

下町は 「初代小城藩主鍋島元茂」

P7223778.jpg

1ヶ月以上前から地区の住民のみんなで公民館に集まって作った、手作り人形なんですよ。みなさん素人ってのがまたすごい 毎年どの地区もとても凝っていますが、今年も豪華でした。子供たちも山車に乗りこみ、笛や鐘や太鼓のお囃子で祭りを盛り上げます。

まずは、地区を出発した山車を出発地点に集め、市長や地区会長を中心に出陣式を行います。出陣式が終われば、須賀神社までの約700メートルを威勢よく駆け抜けます。これがまた、迫力があってかっこいいんです 

P7223794.jpgP7223792.jpgP7223798.jpgP7223784.jpg

須賀神社に着いたら、五穀豊穣、疫病退散、地域の安全を祈願します。3台の山車が並ぶ姿はとても雄大です。

P7223808.jpg

その後、各地区へ戻って解散。祭り終了です。

私事ですが、この小城町へ移住して今年で8年目。毎年祭りに参加することで少しずつこの地区の住民として認めていただくようになったと感じています。そして、この祭りが終わらないと私の夏は始まらない言えるほど、とても大切なイベントになりました。

この「小城山曳祇園祭り」は702年も続く伝統ある行事です。
30~40年前くらいは山車に乗る子供はその地区から選ばれた一部だけだったとか・・・
山車に乗ることは憧れだったそうです。
でも、最近は地区の子供が足りなかったり、山車を曳く若者が少なかったりするのが現状。

ぜひとも、この伝統を絶やさず続けていってほしいものです。
そんな小城市は、定住促進にとても力をいれていて、子育て世代等の住宅取得奨励金などの制度も充実しています。

街まで近くて便利、でも程よく田舎。
そんな小城市で家族と共にスローライフにご興味がある方は
さが移住サポートデスクまでご連絡お待ちしております♪

小城市の情報はこちらから ⇒ 「@小城暮らし」

来年のあなたの夏はどこかの地区のお祭りから始まるかも
・・・しれませんよ?

さが移住コーディネーター

さが移住コーディネーター

佐賀県庁

さが移住コーディネーター。佐賀への移住や仕事、子育てに関するご相談はこちらまで♪ キャラクター:【さがっぴぃ】バルーン王国の見習い妖精

コメント

この投稿者の移住ブログ

佐賀県庁(さがけんちょう)の移住ブログ