日本シングルマザー支援協会からのお知らせ 『パワーウーマンランチ会』続々開催中☆

シングルマザーの増加と男性の疲弊

日、相模原市の五十嵐千代議員の市政報告会にて講演をさせていただきました。

タイトルは「シングルマザーの増加と男性の疲弊」

マイブームの中に男性の疲弊がすごいあるんですよ私。

そこが気になりだした理由は、専業主婦又は扶養範囲内で働いていた方が、40代後半以上になってから突然男性から離婚を突きつけられることが増加しているからです。

今回の講演では、シングルマザー支援をしている中で、見えてくる社会の課題とその解決策をいくつかお話させてもらいました。

シングルマザーの課題って、不思議なほど社会の課題とつながっているんですよ。

日本シングルマザー支援協会には、かなり多方面から情報が集まります。その情報をあらゆる視点から見ていき、分析していくことで、今までにない視点からの課題の解決方法が浮き上がってきます。

協会のシングルマザー支援のオリジナルプログラムもこういう経緯で生まれてますし、企業へのプロモーションサービスなども、こういう経緯で生まれてきました。

集まる情報の中からいくつかをお話させてもらいました。

半は五十嵐議員の市政報告会でした。私もじっくりと聞かせてもらいました。

相模原市は実際に私が住んでいる町でもあるので、どうやって物事が決まっていくのか?などを詳細に教えてもらえるのは有難いなと感じましたし、これは皆が、特に子どもの未来を考える母親は知ろうとしないといけないことだとも感じました。

後は参加してくださった皆さんからの質問に答えていきました。

「男性が気をつけることってありますか?」との質問があったので、「家族を養っているというモチベーションで仕事をしないで欲しいです。」と答えました。

奥さんを家に縛り付けたいことにも繋がりますし、家族を養うことが苦しくもなりやすいです。自分自身のモチベーションの中で仕事と向き合ってもらいたいとの希望が私にはあります。

「子育てを地域でやっていくとは?」という質問もいただきました。

夫婦がデートするために子どもを預ける。たまに平日の休みを取って、保育園に行かせてお母さんは映画を観たり、エステに行ったりと自分のために時間を使う。こういうことをするとダメな親とかいうような考え方自体が、両親が子どもの世話をしなくてはいけない!!!という思考の現れ。もっと個人として自分の人生も大切にできないと息が詰まってしまう。更に子どもへも押しつけが多くなる。子どもには人生を楽しんでいることを見せることで、子ども自身も人生を楽しめるようになることが多いですね。

他にもいろいろと。

終わってからも質問をいくつかいただき、普段から五十嵐議員の活動を見ている皆様だからこそ、支援にも関心が高い方が多く、今後に繋がるお話もできました。

先ほども書きましたが、日本シングルマザー支援協会にはありとあらゆる業界から、ありとあらゆる情報が入ってきます。全く関係ないと感じるようなことが点と点で繋がったらり、課題の解決策が見えてくるので、多くの方が考えたことのない視点を実は持っています。

シングルマザー支援に関しても、今までと全く違う視点からの発信ができていくんです。

それを色々なところでお話をさせていただける機会ができることは、本当に有難いと感じています。

クリックお願いします!!5人姉妹を育てるシングルマザー☆江成道子

江成道子

江成道子

日本シングルマザー支援協会

コメント

この投稿者の移住ブログ

日本シングルマザー支援協会の移住ブログ