我が家の買い物事情...不便だけど...!?

自己紹介以来、更新が滞っておりました...

気を取り直して!今日は我が家の日々の暮らし

特に「普段の買い物はどうしているのか?」を紹介したいと思います!

本題に入る前に「備前市について」を改めて...

備前市は岡山県の東南の端、兵庫県との境に位置しています

県庁所在地の岡山市から備前市中心部までは約30kmです

市を横断するように国道2号線が通り、JR赤穂線が走っています

まちの主要な機能はそれに沿うように点々とあります

平成17年に1市2町が合併

牡蠣が有名で活気のある港町、日生地区と

緑が深く山上に茅葺屋根の集落が残る、吉永地区と

このまちの名を冠した歴史ある焼き物「備前焼」が有名な、備前地区

「海とみどりと炎のまち」というキャッチコピーのとおり

海あり、山あり、伝統文化あり、のまちなのです

我が家はそんな備前市の中でも南東部

瀬戸内海の片上湾に面した小さな集落で暮らしています

P6149383.JPG

<海まで1kmほどの我が家からの景色...写真が下手でスミマセン>

集落の中には日用品を置く小さな商店がひとつ

郵便局や銀行はありません

バスは1日に数本

最寄駅までは7km

(その周辺に主要なインフラが揃っています)

...不便そうですよね

もちろん、車がないと生活できません

でも、ワタシはこの集落に移住してきてから

一度も「買い物が不便で困る!」と思ったことがありません

なぜなら、食料品・日用品はそのほとんどを生協の宅配でまかない

それで手に入らないものはインターネット通販を利用し

銀行での振込などもほぼインターネットで済ませているからです

便利な世の中になりましたよね~

それとやはり、地域の方が畑で作ったものを分けてくださる

これもとてもありがたく助かっています

P7108467.JPG

<贅沢すぎる食べ方!>

生協は週に1回だけ

いただきものの旬の野菜は

時に嬉しい悲鳴になるほどの量の時もありますが

そのおかげで「あるものを生かす」ようになりました

都会に住んでいる時はまず献立を考えて

それに合うように食材を選んでいたけれど

今は逆で、食材に合わせて献立を考える、そんな暮らしです

あまり代わり映えしない、時に単調な食卓ですが

この土地のものを、一番いい時期にいただく

それができているんですから、贅沢なことですよね

...と、それでも足りないものは車で7~8km

買い出しに出かけます

スーパー、ドラッグストア、本屋、農協の産直、100円均一

それから、チェーンの大型衣料品店やホームセンター

ほとんど近場で済みます!

岡山市内に住んでいる時も買い物には車で行っていました

それも、わざわざ遠くまで足を運んだりしてました

選択肢がたくさんあると、結局そうなるんですよね~

そう考えると、この距離は遠いとは思いません

あと、もっと大きなキラキラしたまちで遊びたくなった場合は(笑)

30kmほどの岡山市内か(バイパス利用で45分ほど)

いっそのこと神戸市まで行きます(高速道路利用で2時間弱!)

備前市は岡山県の中でも兵庫県寄りなので神戸が近い!!

これは本当にうれしい~楽しい~♪

というわけで、話は広がっていきましたが

実は最後にこれを!しっかり言っておきたい!!

わがまちには、そんな不便さをもよしとして(?)

都会から移住してきてくれたパン屋さんがいるのですっ

じゃーん☆

「畑から育てるパン &BREAD」 http://tyketyke.exblog.jp/

...あ、あまりいい写真が手元にないので

みなさん、ぜひリンクからどうぞ

パンのみならず、こだわりの食材・食品も並んでいて

安心・安全!とてもありがたいのです

さあ、これで「我が家の買い物事情」いったん筆(?)を置きましょう

次回は「我が家の通勤事情」について書きたいと思います!

ダイフク

ダイフク

岡山県備前市

東京生まれ東京育ちの3●歳。ダンナくんの転勤で2010年に岡山市へ。初めての子育てに奮闘する中で備前市久々井にある「備前プレーパーク!森の冒険ひみつ基地」に出会い「ここが日本一の子育て環境だ!」と確信、2012年に備前市へ移住。家族はダンナくんと長女(2010年生まれ)と次女(2015年生まれ)。

コメント

この投稿者の移住ブログ

岡山県備前市(びぜんし)の移住ブログ