2019年度直川小・中合同運動会

小中合同開催となって今年で7回目の運動会。
大雨のため4日間延期となり今年は平日開催となりましたが、保護者や地域の方の参加も多く、平日開催とは思えないほど賑やかな運動会でした!

しかし、平日開催なので子どもは教室で給食を食べ、保護者はグラウンドや体育館でお弁当を食べる。と、運動会当日に給食を食べたことがない私にとって、今年の運動会はなんとも不思議な感じでした。(この日は、どうしても仕事に戻らなくちゃいけなくて、会場でお弁当食べてないんですが

でも、運動会のお昼ご飯って楽しいですよね。外でみんなでご飯を食べることそのものが楽しいし、巻き寿司やおはぎや、揚げ物にくじゃく、サンドウィッチもあったりなんかして、、、みんなでオードブルを囲んで食べる運動会のお昼ごはんって好きなんです。

さて、小中合同となってからは、小学校のグラウンドで開催するのは今年が初めて。
新緑が輝く中での運動会は、まさにうちめぐる山なみの中での開催となり、少し高いところから開会式のグラウンドを見渡すと、とてもとても清々しい気持ちでした!!他の保護者も「緑が多くて、こじんまりとしてて、直川小学校っていいよね~。」と、同じように感じた様子

IMG_9269.jpgIMG_9273.jpg

IMG_9271.jpg

IMG_9272.jpg

IMG_9093.JPG

IMG_9092.png

IMG_9095.JPG

IMG_9097.JPG

IMG_E8953.JPG

児童生徒81名が参加した令和元年度の運動会の勝利は紅軍。

白軍だった我が子は思いっきり泣いたようで、でも、練習の時から休み時間を使ってダンスの練習を自主的にやったり、夕飯を食べたらすぐ寝てしまうほど頑張っている様子を、4月から毎日毎日見ていたので、思いっきりやりきった運動会だったんだなと感じて頼もしかったです。8歳ほども違う中学生のお兄さんお姉さんの輪の中に入って、一生懸命ついていく1年生の時とはまた違った成長を見ることができた運動会でした

そしてそして、年長さんの長男にとって今年は初めての運動会参加。
なおかわこども園の年長さんだけ毎年かけっこに参加するのですが、総練習の日も先生に連れられてこども園から小学校に行った長男。
6年生の先生が、ふざけていた児童を厳しく指導する場面を、たまたま目の前で目撃したようで、帰宅後に
「しょうがっこういきたくない・・・おうちにずっといる・・・」と、こども園とはまた違う小学校の先生の様子にかなりビビっておりました
後日、笑い話として6年生の先生に長男の様子を報告すると
「あー、あの時な。みんなびっくりしとったわー」と、経緯を話してくれ、こんな風に先生との距離が近かったり
園児が小学校と関わる機会が多いことも(運動会だけでなく、田植えや稲刈り体験も一緒に行います)直川の教育の魅力の一つだな。と思います。

小学校にビビる長男に、二つ上のお姉ちゃんがすかさず
「だいじょうぶよ。そのうちな、なれるんよ!」と、フォローしている様子も、微笑ましかったな~

竹島 麗  -Urara Takeshima-

竹島 麗 -Urara Takeshima-

大分県佐伯市

大分県佐伯市直川の地域おこし協力隊となり1年が経ちました。出身地大分県佐伯市直川。最近観たおすすめ映画「洗骨」。小学生の娘がいます。年長さんの息子もいます。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ