久々の更新!

こんにちは!

2019年になり、すでに10日が経過してしまいましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

あ、今年もポンコツ移住者代表・中村をどうぞよろしくお願いいたします!

ブログ書くの久しぶりすぎて、何から書いたらいいのかわかりません。

わかっていることはただ一つ。『更新頻度が低すぎる』(前回の記事は2018年6月・・・!)

更新はできていないけどこのブログのことは常に頭の片隅にあります。「あーこのこと書きたいなー」「どうやって書こうかなー」「ちゃんと伝わるかなー」など考えながら他の仕事をしていると結局書けずじまいで日々が過ぎていく・・・中には下書きまでできているけど何だか納得いかずに公開できていない・・・なんてものも。

そんな感じで更新を怠っていました。

で、先日、私に刺激を与えてくれるいい出会いと時間がありました。

ソトコト編集長の指出さんとお話しする機会があったのです。(→ソトコトとは

「講座」と「相談」の時間が設けられていて、どちらの時間も私には興味深い話ばかりでした。

その中でも、ブログに使えそうな考えがあり、とても腑に落ちたので今後はこの形式でブログを更新できたらいいなと思っています。

ずばり、140文字です。

頭で何となく覚えている内容なので多少間違えて都合のいいように解釈しているかもしれませんが、指出さんが言うには、確かこうでした。

「雑誌の特集や記事の前に、その内容に興味を持ってもらったり、どんな内容の記事が始まるのかを説明する導入の文章は140文字くらいがちょうどいい」

「そして140文字という文字数は、そう、ツイッターと同じ。人が読みたいと思うちょうどいい長さなのかもしれない」

確かこんなことを言っていました。

そして、ソトコトを実際に開いてみると、そこには魅力的な(約)140文字たちが。

日本の各地に「人が集まっている場所」が育っています。
「人が集まっている場所」に共通するのが、「よろず性」。
凝り固まらず、包容力と「横断力」を持ち合わせていること。
人が集まれば、そこから思いもよらぬアイディアや
プロジェクトが生まれ、まちをおもしろく変えていきます。
「人が集まっている場所の作り方」、知りたくありませんか?

2018年5月号のソトコト 『人が集まっている場所の作り方』より

これで159文字。

思わず、「知りたい!」と言ってしまいそうなさらっと読める文章。

ということで、私も日々の出来事や考えたことを140文字くらいでなるべく頻繁に更新できたらいいなーというゆるい目標を持ってみたのでした。

さあ、三日坊主にならないようにしなくちゃー!

中村 香純

中村 香純

大分県佐伯市

福岡生まれ、横浜育ちです。 彼氏を連れて1年間、改造した車1台で西日本を旅していましたがどこかに定住しようということで引っ越してきました! 貧乏旅と野良着、襤褸が好きです。 座右の銘は「なんでもそう、得意な人が やればいい」です。 得意なことしかやりませーん。打たれ弱いので打たないでくださーい。強くなる気はありませーん。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ