さいき建築巡礼「蒲江編」。

DSC_0374 2222.jpg

建築を見てまわる方を、インスタグラムで発見しました。

なんと佐伯市に来てくださっている方もおります。

かねてより、それを真似てみたいと思っておりましたところ、機会に恵まれましたので・・・

DSC_0384 1111.jpg

今回は、「蒲江」を舞台にお送りしたいと思います。

DSC_0380 111.jpg

佐伯市には、蒲江出身の建築家「青木 茂」氏がおります!!

まずは、2点をご紹介です。

DSC_0388 111.jpg

ひとつめにこちら、「蒲江児童館」。

旧蒲江町立蒲江中学校 特別教室棟」として、1985年に造られました。

外から見るのと、実際に階段から見るのとで全然印象が違います。素敵!!

(第10回全国建築士事務所協会 全国大会会長賞)

DSC_0391 1111.jpg

自然光が射しこむ明るい空間でした。

そして、同じく青木茂氏の建築作品、ふたつめ。

DSC_0317 111.jpg

DSC_0323 111.jpg

佐伯市蒲江 海の資料館 時間の船」です。

廃校の体育館の外側を木材で覆う斬新なデザインです。

そして、日々の潮風に少しでも建物の寿命が長くなるようにとの配慮も。なるほど!

DSC_0310 111.jpg

DSC_0324 111.jpg

DSC_0325 111.jpg

DSC_0350 11.jpg

DSC_0348 11.jpg

建物中央に木造船が設置され、また建物自体が船のような演出がされている空間が広がっています。

2005年のリファイニング建築。(GREEN GOOD DESIGN 2009)

そして、体育館といえば・・・、こちら!!

DSC_0371 111.jpg

蒲江翔南学園(小中一貫校)の体育館です。

こちらは、どなたが手掛けたものか確信が得られておりませんので、写真のみ。

DSC_0373 222.jpg

なかなかの公共施設が揃っています。

もし、旧蒲江振興局がリファイニングされたとしたら、どんなふうだったのでしょうか。

海の目の前で移設やむなしではありましたが、ふとそんなことも考えさせられます。

ところで、宇目振興局もまた、青木 茂 氏が手掛けたリファイニング建築。

宇目の建築もいずれ廻りたい。では。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ