清き流れ、本匠の「大水車」。

DSC_0502 111.jpg

佐伯市本匠に、大水車あり。

1995年完成の6階建てのビル相当の高さ、

直径18.18メートルの大水車がある。

DSC_0496 1111.jpg

DSC_0499 111.jpg

本匠にはかつて、豊富な水を利用した数多くの水車があったという。

脱穀、精米、籾摺りなどの農作業の動力源として、活用されていたとのことである。

DSC_0525 1111.jpg

ここは、本当に水がきれい。

そういう場所っていうのは、そこにいるだけで気持ちいい。

DSC_0518 1111.jpg

DSC_0516 1111.jpg

ここには、お蕎麦が食べられる茶屋やキャンプ場があり、

サイクリングやツーリングで訪れるひとが休憩したり、

最近では、フリークライミングで楽しむひとなど、

のんびり時間を過ごすひとが集まる。

DSC_0511 111.jpg

そんな大水車の郷も、2017年9月に台風の被害を受けた。

2018年8月から10月にかけて改修工事が行われ、

じつに1年以上、動きを止めていたことになる。

DSC_0524 1111.jpg

当たり前の風景を取り戻し、のんびりと時間が流れている・・・

という訳なのである。

DSC_0514 1111.jpg

水面は輝き、心地よい水の流れが聞こえる。

DSC_0526 1111.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ