「早吸日女神社」の御神幸祭。(3)~仲川原~

・・・前回(2)からのつづき。

西野浦2019.07 (237) 111.jpg

美しいですね。夏ですね。

西野浦の素敵なビュースポットは、道端のいたる所にあります。

さて、神社から御旅所への移動は進みます。

西野浦2019.07 (229) 111.jpg

西野浦2019.07 (247) 111.jpg

早吸日女神社の御神幸祭の要所のひとつ、「仲川原」の岸。

大太鼓がセットされますと・・・。

西野浦2019.07 (257) 111.jpg

ふたたび、「八人太鼓・附獅子舞」がこちらで披露されます!

西野浦2019.07 (265) 111.jpg

西野浦2019.07 (262) 111.jpg

この感じ、いいなあ~!最高の景色をバックにして、

子どもたちがバチをかざし元気に舞います!

この八人太鼓・附獅子舞なんと「大分県の無形民俗文化財」に指定されています。

西野浦2019.07 (271) 111.jpg

子どもたちを主役とした伝統文化というわけですが、

実に理にかなったものだと思います。

西野浦2019.07 (274) 111.jpg

老若男女のあらゆる世代が祭りに関わっていく、その「はじまりとして」です。

年代によって、お役目をみなさん変化させながら、

地域の伝統を継承しているんですね~。

西野浦2019.07 (296) 111.jpg

周りで見守る人がいることすら、パズルのワンピースとしてやはり必要です。

西野浦2019.07 (297) 111.jpg

どれかが欠けてしまうと、一気に白けてしまう。

その絶妙なバランスで、祭りはあるのだと思います。

西野浦2019.07 (308) 111.jpg

そのバランスを支えているのは、やはり子どもたちで、

子どもたちの参加が人を寄せています

子は「鎹(かすがい)」ですね。地域を繋ぎ合わせています。

(あ、あくまでもわたしの考えです。あしからず。)

西野浦2019.07 (310) 1111.jpg

つづく・・・

西野浦2019.07 (300) 111.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ