「早吸日女神社」の御神幸祭。(1)~境内~

西野浦2019.07 (195) 11.jpg

みなさんこんにちわ。本日は、佐伯市蒲江の西野浦にあります

早吸日女(ハヤスイヒメ)神社」にやって来ております。

西野浦2019.07 (31) 111.jpg

なぜかといいますと、3年ぶりの大祭があるということらしいのです。

(気合を入れて、早く来すぎてしまった・・・。)

西野浦2019.07 (43) 111.jpg

ぞくぞくと集まってくるみなさん。

西野浦2019.07 (50) 111.jpg

一体、何が始まるっていうんですか~!?

(わくわくするではないか!!)

西野浦2019.07 (62) 111.jpg

早吸日女神社の起源1145年で、平安末期まで遡ります。

(一説によると、神像が海に出現したことが始まりとのこと。)

西野浦2019.07 (81) 111.jpg

神殿は幾度も再建されているそうで、

蒲江町誌には、1712年・1715年・1758年・1806年に再建されたと

記載されています。

何度も何度も再建するくらい大切にされている神社なのですね!

西野浦2019.07 (92) 111.jpg

西野浦2019.07 (106) 22.jpg

そして、こちらです。あざやかですね!

西野浦2019.07 (107) 11.jpg

こどもたちによる「八人太鼓」です。素敵!

西野浦2019.07 (124) 11.jpg

獅子舞もセットで、舞われます。

西野浦2019.07 (139) 111.jpg

そして、神輿が出てきます。

西野浦2019.07 (146) 111.jpg

西野浦2019.07 (148) 111.jpg

このような演舞の始まり1712年

神殿を再建したときにということです。

記録として残る最古の神殿再建が1712年。

江戸時代となり、大きな戦もなくなった時代ですね。

西野浦2019.07 (151) 111.jpg

江戸時代となって、およそ100年。

各地で育った文化が、いよいよこの西野浦にも伝わった・・・

そんな想像をしてみました。

西野浦2019.07 (168) 11.jpg

さあ!!祭りのはじまりです!!

つづく

西野浦2019.07 (176) 111.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ