大入島、トンド火まつりの「湯立神楽」。

DSC_0352.JPG

大入島の「堀切」の船着き場に明かりが灯る。

DSC_0410 1.jpg

2019年正月のこと。「トンド火まつり」の夜です。

DSC_0435 1.jpg

今回は「トンド火まつり」の神事「綱切神楽」、

そして特に「湯立神楽」をメインに据えてお届けしたい。

DSC_0421 1.jpg

DSC_0418 0000.jpg

もう何度も、このブログにも書かせていただいている神楽。

DSC_0444 1.jpg

多くの祭りに必ずと言っていいほど、佐伯では神楽が執り行われています。

そして、同時に見る側の参加としては、わたしも上位にいると思います(笑)。

DSC_0447 1.jpg

いつかする方になっていたりして・・(笑)。

DSC_0462 1.jpg

さて、ここからが「湯立神楽」。

DSC_0468 1.jpg

「夜」の湯立神楽はたまらないです。

DSC_0487 1.jpg

DSC_0492 1.jpg

そして、「冬」の湯立神楽は最高にカッコイイ!!

DSC_0502 1.jpg

DSC_0508 1.jpg

何故かは、この「湯けむり」が示す通り、

寒さに大きな湯気が立ち、そして飛び散るしぶき。

そこに射す光、空間が美しいからです!

DSC_0532 1.jpg

DSC_0537 1.jpg

DSC_0556 1.jpg

正月からこれを身近で見られる贅沢さ。

DSC_0590 1.jpg

清められたお湯を笹の葉でふりかけてもらえれば、カンペキです。

DSC_0593 1.jpg

良い一年を迎えられること間違いなしです!

DSC_0717 1.jpg

トンドに火がくべられて、燃え上がり・・・。

DSC_0778 1.jpg

DSC_0836 1.jpg

そして、倒されるとまつりは終わりです。

DSC_0853 1.jpg

お正月、「大入」の島から新しい一年の幕開け。

「トンド火まつり」については、下記をご参考ください。

・2019年1月26日投稿『大入島、「トンド火まつり2019」』

・2018年1月18日投稿『大入島、「トンド火まつり2018」』

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ