大分百景、雨の「暁嵐の滝」。

DSC_1234 1111.jpg

雨を選んで、佐伯市上浦の「暁嵐の滝」に。

DSC_1186 1111.jpg

自然のパワーが凄い!!

・・・ところで、「暁嵐」。これ読めますか?

DSC_1201 1111.jpg

DSC_1199 1111.jpg

「ギョウラン」と読みます。普通は、読めませんね。

DSC_1193 1111.jpg

ちなみに、ジャニーズの「嵐」さんに「暁を」という曲があります。

「おっ、もしや!!」と思いましたら、全然関係ありませんでした。笑

DSC_1205 1111.jpg

「暁嵐の滝」の隣には、この「瀧三柱神社」があり、荘厳な雰囲気を漂わせています。

神社は1288年に創建されたとされ、

鎌倉時代にはすでに地域にとって大事な場所として、扱われています。

DSC_1277 1111.jpg

この日は「嵐」とはいえないものの、激しく雨の降る一日でした。

(ほんとの嵐だったら、ここに来ません。笑)

雨量も多く、滝も見応えのあるものでした。

DSC_1257 1111.jpg

DSC_1189 1111.jpg

DSC_1267 1111.jpg

暁嵐の「暁(あかつき)」。

この意味は、「太陽の昇る前のまだほの暗い時間帯」をいいます。

DSC_1211 1111.jpg

じつはここ「暁嵐の滝」は、あの日の出の名所「豊後二見ヶ浦」からすぐの場所。

つまり、海の近くです。その距離、海まで約500メートル!

DSC_1215 1111.jpg

全国的にも珍しい「海からすぐの滝」であります。

海水浴のあとの水浴びにも最高でした

(でしたと、過去形なのは滝つぼが、2017年の台風の影響で石で埋まってしまったため。)

DSC_1222 1111.jpg

ちなみに、豊後二見ヶ浦のお隣には、東雲小中学校があります。

東雲(しののめ)」は、暁より少し時間が進んで、

夜が明けようとして、東の空が明るくなってきたころ」をいいます。

「暁」と「東雲」の時間の関係性が、立地にも当てはまっているという豆知識は

きっと役に立つことはないでしょうけど(笑)、名付け親のセンスに拍手をひとり送りました。

DSC_1251 1111.jpg

そして、滝といえば、「河童」。

ここにも、もれなく河童伝説があり、舞台が漁師町であることが雰囲気を感じます。

DSC_1243 1111.jpg

上浦は、かつて「相撲」が大変盛んであったそうで、

河童に由来するエピソードとも関連しています。

DSC_1233 1111.jpg

それは・・・、「村人が河童と相撲を取り、

負けた河童に滝の主の大ウナギと大カニを退治させた」というもの。

DSC_1187 1111.jpg

50メートルの断崖絶壁のあいだを流れる、落差15メートルの「暁嵐の滝」。

河童の声がする。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ