大分百景、「間越海岸」。

DSC_0268 0000.jpg

「はざこ展望台」は、佐伯市米水津の間越(はざこ)にあります。

鶴見半島で最もくびれた「ひょっとん峠」に位置します。

ここからの鶴見半島南岸、間越海岸の眺めは最高!!

DSC_0266 0000.jpg

DSC_0264 0000.jpg

大分県下でも、屈指の眺めです。

リアス式海岸の手つかずの原風景が広がります。

ここは米水津(鶴見半島南岸)でありつつも、鶴見(鶴見半島北岸)を経由しないと到達できない場所。

(米水津と鶴見は、佐伯市合併前の自治体です。)

きれいな景色が残っております。

DSC_0236 0000.jpg

そして、この間越(はざこ)では、「来だんせへ市」といわれるどなたでも参加できる「活魚のせり」や「鮮魚販売」が、毎月第三日曜日(8:30~)に開催されます。(8月は行われないそうです。)

DSC_0241 0000.jpg

宿泊、自然体験活動ができる「はざこネイチャーセンター」という施設もあります。

一度は訪れるべき場所、「間越海岸」。

DSC_0245 0000.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ