「仙床寺」の大般若法要。

DSC_1063 0000.jpg

2月、佐伯市弥生の床木にある「仙床寺」が賑やかです。

DSC_1096 0000.jpg

年に一度のあの「大般若法要」が行われました。

DSC_1092 0000.jpg

臨済宗「青松山 仙床寺」は1680年に、

当時の庄屋「河野 七郎兵衛」氏によって創建されたそうです。

DSC_1074 0000.jpg

ただし当初は地蔵庵」。

仙床寺と改めたのは1882年ということ。意外に近代のことです。

DSC_1070 0000.jpg

この大般若法要がいつから始まったのかは、確認できませんでしたが、

かつては、出店も並ぶほどの賑わいがあった時代もあったそうです。

今でも、心温かいおせったいがあり、微笑ましいです。

DSC_1087 0000.jpg

そして、この法要にあわせて、年に一度、この階段の上の扉がご開帳されます。

阿多古勝軍地蔵菩薩像」の披露です。

この「勝軍地蔵」、なんと鎌倉末~南北朝期に製作された貴重なものです。

1300年代になります。すごい。

(敢えて、写真はここでは披露しませんね。)

DSC_1099 0000.jpg

そんな「阿多古勝軍地蔵菩薩像」は、京都の愛宕山に古くから祀られていたものです。

それがなぜ、佐伯市の床木にあるのでしょう?

DSC_1098 0000.jpg

仙床寺に「勝軍地蔵」が勧請されたのは、18877月

その20年前の1867年、明治元年の頃、

仏教徒にはつらい時期が訪れていました。

DSC_1105 0000.jpg

それは、神仏判然令による「廃仏毀釈」です。

これにより、京都では愛宕山に「勝軍地蔵」を留めておくことが難しくなり、

仙床寺へ地蔵は遷座する流れに向かっていきます。

DSC_1109 0000.jpg

簡単にいうと・・・

「外来の仏教」と「固有の神道」が、神仏習合ということで融合していたものから、

仏教を排除し、極度に神道を重んじようとした明治のはじめの政策により、

地蔵の破壊などが各地で行われ、

その時代背景が「勝軍地蔵」を愛宕山から運び出す要因となりました。

(たまに、首のないお地蔵さんがあるのは、この影響もあるのかな?)

DSC_1158 0000.jpg

京都の愛宕山から、まず移されたのは、臨済宗の大本山、あの有名な京都の「妙心寺」です。

今では、日本最大の禅寺といわれる由緒あるお寺に、「阿多古勝軍地蔵菩薩像」は移されました。

しかし、ここも聖域ではなかった。ということでしょうか・・・

DSC_1102_LI 0000.jpg

そして、前述のとおり1887年7月に、「勝軍地蔵」は床木にやって来る訳です。

どうやって運ばれたと思われますか・・・

それは・・・

当時の仙床寺11代目の和尚が、背に負ってはるばる京都から運んだといわれています。

信用できるのは、己のみということでしょうか。

確実に運びたかったことが想像されます。

DSC_1100 0000.jpg

こうしてさまざまな苦労の果てに、勝軍地蔵が床木「仙床寺」にはあるのです。

庵から寺に改めて、わずか5年目の仙床寺でした。

まさか貴重な地蔵があるとは考えつかない場所として、選ばれたのでしょうか。

私は、当時の11代目の和尚に、地蔵を任せられる人望があったからと思っています。

そんな深い歴史を抱えるお寺に、この日はたくさんの和尚さんが集まっています。

DSC_1116 0000.jpg

そして、このようにお経をぱたぱたぱた・・・・。

DSC_1148 0000.jpg

じつに、ありがたい空気がこの場を包みます!

DSC_1182 0000.jpg

そして、表にみんなで大移動。なぜなら・・・

DSC_1183 0000.jpg

餅まきです!

盛り上がりますね~!!

DSC_1189 0000.jpg

ずらりと、和尚さんが並ぶ姿は圧巻です。

お餅もたくさんでした。

DSC_1191 0000.jpg

仙床寺の大般若法要の様子でした。

DSC_1195 0000.jpg

歴史は感慨深い。

DSC_1202 0000.jpg

過去の延長線上に私たちがいると、思い起こさせてくれる場所がここにあります。

DSC_1218 0000.jpg

また、来年。

2018年 仙床寺 大般若法要

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ