甦る水100選、「臼坪川菖蒲園」の桜並木。

DSC_1020 0000.jpg

自然との調和を保つ「疑石ブロック」、「日本庭園風の石組み」。

ここは佐伯城の足元、春の「臼坪川」。

DSC_1029 0000.jpg

桜並木の美しい歩道が整備されています。

かつては、生活雑排水の流入により、悪臭を放つドブ川であったとのことです。

そんなことは微塵も感じない、今の「臼坪川」。

DSC_1036 0000.jpg

レンガ舗装の散策路は、暗渠雨水路の上部が利用され、

菖蒲の栽培を可能にするための可動堰などが設置された水辺空間。

じつに、居心地が良い場所です。

DSC_1031 0000.jpg

下水道の普及に伴い、川もきれいになり、

花と水の散策道として、地域のみなさんに親しまれ、憩いの場となっております。

臼坪川菖蒲園は、国土交通省から、

水環境を創造した部門で「甦る水100選」にも選ばれております。

旧下水道法が施行されてから100年後の「2000年」のことであります。

DSC_1022 0000.jpg

それから桜も育ちました。

夕暮れどきの桜並木道であります。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ