九州百名山、「元越山」。

DSC_0792 0000.jpg

今日は、元越山を登る会。いわゆる登山会です。

DSC_0783 0000.jpg

DSC_0781 0000.jpg

こちらは、佐伯市の木立(きたち)。

DSC_0786 0000.jpg

DSC_0787 0000.jpg

雨上がりの朝、あやしい雲が立ち込めている中、進んでいきます。

山頂から雲に手が届きそうですね。

DSC_0788 0000.jpg

DSC_0793 0000.jpg

さあ、一列縦隊になって進んでいきます。

この元越山には、登山ルートがいくつかあるそうです。

有名なものは二つ。

佐伯の街から行く「木立コース」と、米水津から行く「色利コース」です。

DSC_0796 0000.jpg

DSC_0799 0000.jpg

今日は、もちろん木立からの登山。

登山会は米水津の色利でも、4月と11月に行われていますよ。

DSC_0800 0000.jpg

今回はこの日のために、木立小学校6年生のみなさんが

何かおもてなしを用意されているとのこと。

何でしょう?・・・ズバリ、こちらです。

DSC_0804 0000.jpg

道案内の手作りの看板です。とっても癒されます~!

DSC_0806 0000.jpg

元越山の木立コースの特徴は、こういった谷筋を歩くところで、

この雰囲気が、実はわたしはとても好きです。

DSC_0815 0000.jpg

尾根もいい雰囲気です。

ところで、元越山といえば、あの有名な明治の文豪も2度登っています。

DSC_0819 0000.jpg

それは、国木田独歩です。

私たちの進む、この木立コースを登ったそうです。

(山頂には、独歩の碑文が石に記されています。)

ここで何を思ったのか、それは彼が随筆に記しています。

DSC_0821 0000.jpg

さて、愛らしい看板が私たちの背中を押します。

見落としているものもあるかもしれませんが、

せっかくなので、気づいたものを全部ご紹介します。

DSC_0825 0000.jpg

DSC_0826 0000.jpg

ということで、いよいよ登頂です。

DSC_0827 0000.jpg

DSC_0860 0000.jpg

DSC_0848 0000.jpg

標高582mからの360度の眺めは最高です!!

DSC_0835 0000.jpg

リアス式海岸の絶景。鶴見半島が一望です。遠くにあるのは、四国ですよ。

DSC_0856 9999.jpg

DSC_0856 0000.jpg

水の子島灯台も見えます。

DSC_0847 0000.jpg

DSC_0866 0000.jpg

さらには、佐賀関の大煙突も見えました。

朝の雨が空気中の塵をきれいにしたのかもしれません。

DSC_0840 0000.jpg

もちろん、佐伯の街も見えます。

あの一角から、国木田独歩はこの元越山を見ていたのです。

もう少し晴れてくれると、なお良かったのですが。

さあ、下りましょう。豚汁とおしるこが待っています。

DSC_0878 0000.jpg

DSC_0879 0000.jpg

もうわかりますよね。本当に美味しい!

むしろ、これがこれからの目的になりそう。笑

また、食べに来ます!いや、登山に参加します!!笑

最後に。

「元越山を登る会」。この登山会の名称です。

これは、国木田独歩を意識したものですよね?

独歩の随筆のタイトルは、「元越山を登る記」だから。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ