日豊本線「狩生駅」。

DSC_0449 9999.jpg

駅のホーム。

駅のホームといえば、南阿蘇鉄道の見晴台駅を舞台にした

某飲料メーカーの紅茶のCMが、記憶にあたらしい。

女の子がホームで唄っているあのCMです。

DSC_0448 0000.jpg

ここ佐伯市にも、ノスタルジーな雰囲気が漂う無人駅がある。

駅は「青春」と相性が良くて、

人をドラマチックに演出します。

駅といえば私の場合、柴又駅での「車寅次郎」が思い浮かびます。

映画の中の泣き笑いが、私を育ててくれました。

地方への憧れは、「男はつらいよ」からかもしれません。

彦岳 (2).jpg

ここは、JR日豊本線「狩生駅」であります。

狩生駅は、1959年4月15日に当時の国鉄が開設しました。

ちなみに、「国道217号」は線路を敷設する前は、

今よりも山側を走っていたそうです。

DSC_0460 0000.jpg

そして、JR日豊本線を佐伯市で語る上で、外せないのは・・・

平成29年9月の台風18号の被害による「運休」です。これは悲しかった。

同年9月17日から12月17日までの3か月もの運休でした。

今は減便したものの、電車は走ってくれています。

カタンコトンという走る音が、日常の幸せな音であることに気づかされます。

DSC_0452 0000.jpg

駅のホームは、次の「電車」と「物語の誕生」を待っている、そんな気がします。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ