大入島、「トンド火まつり2019」。

DSC_0006 0000.jpg

DSC_0055 0000 1111.jpg

2019年1月12日。大入島。

DSC_0081 0000  1111 2222.jpg

DSC_0074 0000 1111.jpg

さあ、何をしているのでしょうか?

DSC_0003 1111.jpg

綱に藁をさげ、竹に飾りをつけています。

DSC_0032 0000.jpg

DSC_0026 0000 1111.jpg

今夜は、「大入島トンド火まつり」の日。

トンド作り」であります!

DSC_0095 0000.jpg

DSC_0101 0000.jpg

活気のいい声が響きます。

これが心地良い~。

DSC_0104 0000.jpg

作業は、「藁」を「トンドの柱となる竹」に巻いていく工程に入っていきます。

DSC_0112 0000.jpg

DSC_0159 0000.jpg

冷たい小雨が降る中、もくもくと。

DSC_0124 0000.jpg

DSC_0139 2222.jpg

この祭りは、もともとは大入島の「日向泊(ひゅうがどまり)」地区のものでありました。

「日向」といえば・・・、宮崎県の日向ですよね。

DSC_0186 0000.jpg

大入島の日向泊は、初代天皇「神武天皇」が東征の際に立ち寄った場所とされています。

DSC_0217 0000.jpg

DSC_0221 0000.jpg

そして、神武天皇の東征は、宮崎県の「日向」が旅立ちの地とされています。

地名からも、この大入島の「日向泊」との関係性を感じずにはいられないですね。

DSC_0224 0000.jpg

なぜ神武天皇に触れたかというと・・・。

この「トンド」は、神武天皇の大入島からの船出の際に、

「航海の安全を祈って、人々が心を込めて焚火した」というのが由来とされています。

DSC_0240 議会だより.jpg

今では、島の中央に位置するこの「大入島中学校のグラウンド」に会場を移し、

大入島全体でトンド火まつりを受け継いでいます。

DSC_0249 議会だより.jpg

DSC_0250 0000.jpg

さあ、トンドに藁が巻き上がりました。

あとは、立てるだけ。でも、これが大変な作業!

DSC_0266 0000 2222.jpg

高さはおよそ15メートル

昔は、すべてを人力で立ち上げていたとのこと。頭が下がります。

DSC_0308 0000 3333.jpg

安全のため、四方にワイヤーを張り、倒れないようにします。

DSC_0336 0000 3333.jpg

立ち上がりました!

その作業の手際の良さは、本当に見事です。

DSC_0343 議会だより 3333.jpg

みなさんおつかれさまです。

まだまだたくさんの島のみなさんが協力して、トンド火まつりは成り立っています。

そして・・・

DSC_0642 0000.jpg

DSC_0720 0000.jpg

DSC_0739 0000.jpg

新しい一年の無病息災を願って、勢いよく炎は燃え上がります。

幸多き一年となりますように。「大入」の島から。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ