佐伯城の「Diamond Nada」 。

DSC_0135 0000.jpg

番匠川の向こう、「灘山」から上がる朝の太陽。

朝・佐伯城 (6).jpg

朝・佐伯城 (10).jpg

佐伯城からの眺めは最高で、山も川も海も景色が楽しめます。

朝・佐伯城 (12).jpg

特に、朝陽との共演はたまりません。

朝・佐伯城 (34).jpg

朝・佐伯城 (14).jpg

快晴の1月。

空がきれいで、朝陽を待つ人も。

朝・佐伯城 (36).jpg

朝・佐伯城 (17).jpg

富士山の頂点に太陽が上がることを「ダイヤモンド富士」という。

ほんの束の間、最初の光はダイヤのような輝きに似ています。

DSC_0235 0000.jpg

朝・佐伯城 (22).jpg

この佐伯城の東の空にも、ダイヤモンドは眠っていて、

その山は、Mt.Nada。「灘山」であります。

(標高が低い方がむしろ空がきれいなのでは・・・?)

朝・佐伯城 (21).jpg

朝・佐伯城 (27).jpg

朝・佐伯城 (24).jpg

灘山から零れた朝の光は、佐伯城を照らし、

そして、佐伯の城下町に降りそそぎます。

朝・佐伯城 (26).jpg

朝・佐伯城 (32).jpg

佐伯城からの「ダイヤモンド・ナダ」を拝みたくて、

でも、この日、少し灘山の頂点とはズレていました。

朝・佐伯城 (38).jpg

朝・佐伯城 (43).jpg

いつかは「晴天のダイヤモンド・ナダ」。

でも、今日も十分に美しい。

朝・佐伯城 (39).jpg

朝・佐伯城 (37).jpg

さあ、新しい一日がはじまります。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ