国民文化祭・全国障害者芸術文化祭、「アートザウルス」。

あーと14.jpg

大分県では、国民文化祭・全国障害者芸術文化祭が行われています。

それもいよいよ今週末10月25日まで。

大分県でも、佐伯市でも、さまざまな文化イベントが行われました。

多くイベントが行われる中、今回はわたしも関わらせていただいたもので、障がいのある方が主役の「アートザウルス」について、ドキュメンタリーチックに書いていきます。

a5.jpg

2018年4月19日。

ここは港にある喫茶店ですが、この頃が最初の一歩。

(私もメンバーの「アートコミュニケーション」がよく会議で集まる場所がこちらです。そのつながりで今回お手伝いさせていただくことに。)

「福祉ふれあいセミナー」という毎年定例で開催される障がい者福祉イベントを、国民文化祭・全国障がい者芸術文化祭の開催にあたって、大きなものにしていこうと確認。

そして、「アートザウルス」というタイトルもここで決定されました。

a3.jpg

2018年5月24日。

人数も増え、こちらの福祉施設が会議の場所となります。

佐伯市の障がい者福祉に関わる方たちは、同世代の方が多く、そしても気持ちのあるみなさんで、心地よい空間です。

a9.jpg

2018年6月21日。

大まかな内容が決まっていきます。

この頃、ハンディのある方による「即興演劇」が本決まりし、その出演者も決まり、会議とは別で練習が始まりました。

影の努力が始まります。すばらしい!

(即興演劇は、福岡が拠点のインプロ集団のモザイクスさんによるバックアップ。)

a98.jpg

2018年6月25日。

この日は、会議ではありません。

ポスターの「題字」を、ハンディのある方たちに書いてもらいました。

自由な形、色使い。見ていて楽しい時間でした!

(チョークアーティストのえふみさんがご協力くださいました。)

a7.jpg

2018年7月19日。

当日の役割別に、班分けされた打合せがここから始まります。

そして、同じ日・・・

a8.jpg

イベント「アートザウルス」のキャラクターの選考が行われました。

どれもハンディのある方が描かれた想像力の豊かな作品です!!

そして、決定したのが、こちら。

a92.jpg

かわいい~!

これがポスターやチラシに掲載されることになっていきます。

(11月の本番で、市長からの表彰もありました。)

a93.jpg

2018年8月30日。

この日は、エンディングに合唱するオリジナル曲「ワールド」が披露されました。

最後の締めは、やはり盛り上がって終わりたい。合唱がいいのでは!

前回の会議の後にできた曲です。

そして、この曲は当日のBGMにも使用されました。

a1.jpg

2018年9月8日。

毎月、練習が行われてきた「即興演劇」の様子を、はじめて私も見に行きました。

雰囲気の良さと想像力の豊かさに驚きました。最高です!

a94.jpg

2018年9月13日。

打ち合わせも大詰めです。真剣な表情。

a6.jpg

2018年10月4日。

いよいよポスターも仕上がってきます。

手作り感いっぱいのあたたかいデザイン。

a97.jpg

どのイベントも障がいのある方が主役。

a.jpg

そして、福祉の世界に留まらず、実はいろんなものとコラボレーションできることばかり。

a91.jpg

2018年10月15日。

自主制作映画「口笛トリッパー」の試写会が行われます。

出演はもちろんハンディのある方。

a2.jpg

2018年10月20日。

即興演劇に出演されるメンバーの初めての会場での練習。

萎縮することなく、のびのびとできる関係性ができあがっています。

a4.jpg

2018年11月1日。

本番2日前、最後の会議。いい感じです。

一生懸命って、すばらしい。

あーと8.jpg

そして、2018年11月3日。本番です。

音響も、照明も、こだわっています。

あーと2_LI (2).jpg

ほんとうに多くの方のご来場で賑わいました。

あーと9.jpg

先ほど掲載したチラシにあるように、

さまざまなステージでのパフォーマンスが行われ、そのどれも感動的なものでした。

(プライバシーの配慮で即興演劇の写真のみになり、恐縮です。)

私は、2回ほどハンカチーフを濡らしてしまいました・・・。

あーと15.jpg

あーと11.jpg

あーと12.jpg

あーと4.jpg

主役はどれもハンディのある方です。

映画製作も、即興演劇も、合唱も、

どれもやってみようとする人がいなければ、始まりません。

佐伯にはいるのです。

そして、それに呼応してくれる人、

サポートや観賞に来てくれる人がいないと、やはり成立しません。

福祉の場合、ここが課題であると、よく言われます。

関係者しか集まらない・・・と。

さびしい思いをさせたくないなぁという心配を他所(よそ)に、満席の時間帯もある賑やかな本番となり、本当に良かったです。

温かいイベントをお手伝いすることができたことに、本当に感謝です。

みなさんおつかれさまでした!!

あーと1.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ