豊かな彩り、「うめ秋大祭」。

DSC_0209 0000.jpg

佐伯市宇目の秋まつりが、今年も開催されました。

DSC_0227 0000.jpg

DSC_0246 0000.jpg

とにかく色彩豊かな装飾の数々。

DSC_0261 0000.jpg

DSC_0279 0000.jpg

この祭りは、「うめ秋大祭」といいます。

2つの地域の合同の祭典であり、

各地域にある3つの神社から、神輿に乗って、会場に神様がやってきます。

DSC_0278 0000.jpg

DSC_0281 0000.jpg

DSC_0290 0000.jpg

鷹鳥屋神社の「椿原祭典」、

そして、鳶野尾神社と八柱神社の「八匹原祭典」との

合同の祭典であります。

DSC_0274 0000.jpg

DSC_0284 0000.jpg

DSC_0276 0000.jpg

じつは、私も神輿を担がせていただきました。

神輿を見ているのと、担ぐのは、まったく違うことは、ご存知でしょうか。泣

DSC_0307 0000.jpg

DSC_0334 0000.jpg

やはり、経験者は上手に担ぐので、重みが分散されて、そこまで大変ではないそうです。

しかし、素人はだめですね。頑張ってしまい、一人、力んでしまいます。

神様の重みを肩に味わってきました。

DSC_0313 0000.jpg

DSC_0348 0000.jpg

人生もそうなのかもしれませんが、

ひとりで苦労を抱え込んではなりませんね。

苦労は分け合えば、なんてことありません。

神輿が、そんなことを教えてくれているように感じます。

DSC_0361 0000.jpg

DSC_0332 0000.jpg

DSC_0329 0000.jpg

伝統文化は、言葉ではない方法で、

大切なことを私たちに伝えてくれている、と強く感じます。

祭り本来の意味を見失った現代では、

少しずつ人間関係も希薄になりつつあるのではないでしょうか。

(私の思い込みですか?笑)

DSC_0404 0000.jpg

DSC_0289 0000.jpg

たくさんの色が集まって、ひとつの形を成す。

この祭りの装飾品は、何を意味しているのでしょう。

DSC_0391 0000.jpg

神輿も後半は、頑張りすぎずに呼吸を合わせると、だいぶ楽になりました。

届けられた神輿を前に、五穀豊穣と家内安全を祈って、たくさんの伝統芸能が舞われました。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ