大分県無形民俗文化財、「風流・杖踊」。

0000 DSC_0947.jpg

0000 DSC_0950.jpg

佐伯市弥生、大坂本。この日は暑かった。

この青空をご覧下さい。

そんな中「風流・杖踊」がありました。

0000 DSC_0960.jpg

毎年、真夏に行われる杖踊で、大分県の「無形民俗文化財」に指定されています。

0000 DSC_0962.jpg

こちらで「風流・杖踊」を見させていただくのは、今回で3度目。

2016年は、愛宕神社の境内で見させていただきました。

この時の雰囲気がとてもよかったです!

夏の木漏れ日が射す境内の雰囲気が幻想的でした。

0000 DSC_0966.jpg

愛宕神社は、小高い山の上にある神社。

まっすぐで長い石段を登った先にあります。

しかし、これがご年配の方には堪えます。

0000 DSC_0972.jpg

ということで、2017年からは愛宕神社の足元の「明治小学校」のグラウンドに、

場所を移して行われております。

(個人的には、ちょっぴり残念・・・。)

(午前中の会場、尺間の天満神社ではそのような雰囲気が楽しめるそうです。)

0000 DSC_0978.jpg

この「風流・杖踊」、この祭りの中では五番まで行われます。

しかし、お尋ねしてみますと、十五番まであるそうです。

かつては、4時間以上かけて行われていたのではとのこと。

じつに興味深いです・・・。

0000 DSC_0993.jpg

ところで、風流・杖踊は・・・

最初と最後は、獅子舞。

そして、杖踊りの大人を基点として、

主にこどもたちが風流踊りで、

グルグルと扇子を仰ぎながらその周りを回るというのが、

この風流・杖踊のざっくりとした説明です。

(きっと伝わっていないですよね。笑)

0000 DSC_0998.jpg

個人的な見どころは・・・、

小さな小さなこどもさんが、とにかくかわいいところ。

まだ何のことかよくわからず参加していて、

列からはみ出したり、

前が止まったのに気付かず、ぶつかったりしています。笑

0000 DSC_0997.jpg

それを年上のお兄さん・お姉さんが優しくフォローします。

そのお兄さん・お姉さんも数年前は、同じように小さかった訳で・・・、

これが世代を越えて繰り返されてきたと思うと、すごく愛しい営みです。

そして、大人になると、太鼓、お囃子、笛などに役目が移行されていきます。

(この中にも序列を感じられるのですが、そこはどうなのでしょう・・・。)

こどもたちがグルグル回ることと、

400年の歴史の中で、役目を変えながら継承されていることが、深い・・・。

輪廻って、こういうことかなと、ひとり考えながら、見学させていただきました。

(ちょっと考えすぎ?笑)

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ