大入島の「タンデム自転車」。

JR日豊本線「佐伯駅」を降りると、海はすぐそこ

約600mで「葛港」に到着します。

駅から港までは時間にして、およそ徒歩8分。

葛港には、日豊海岸国定公園の佐伯湾にぷかりと浮かぶ

「大入島」への船が着きます。

DSC_1071.JPG

美しい佐伯湾へ船の冒険に出ましょう!

と、言いましても、葛港正面、海の向こうの大入島「石間」には、船でたったの7分です。

これは、大入島フェリー「第八大入島」に乗船した場合です。

こちらに乗る方は、車で渡りたい方、自転車で渡りたい方向けになります。

DSC_1069.JPG

一方、電車で来られた徒歩の方は、マリンバス「常栄丸」に乗りましょう!

大入島の「堀切」に向かうべし!

船でおよそ12分ですが、本当にきれいな景色が楽しめます。

ちなみに、片道200円です。

DSC_1068.JPG

この「堀切」には、カンガルー公園や食彩館があり、

大入島といえば、まずはここからです。

DSC_1061.JPG

大入島は、島の中央がくびれていて、ひょうたんの形をしています。

そのくびれた部分にはトンネルがあり、堀切の向こうには白浜海岸があります。

さて、今回お知らせしたいのは、「これ」です。

DSC_1059.JPG

いやいや、「食彩館」ではなくて・・・

DSC_1052.JPG

いやいや、この立派な「フェニックス」の木ではなくて・・・

DSC_1055.JPG

そうです。この「タンデム自転車」です!!

親子、カップル、友人とのサイクリングに最高です。

3時間700円で、食彩館で借りられます。

大分県は、タンデム自転車は公道の走行がOKなのです。

DSC_1066.JPG

そして、最大のポイントは・・・

「車の交通量の少なさ」「大入島の絶景」です!!!

特にサイクリングコースは、

離島でありがちなUターンではなく、

「ぐるりと一周できる」最後まで飽きることのないコース(17km)になっています!

ちなみに、ひょうたん島ですので、体力に自信のない方は「半周」で終わることもできます。

満足感この上ないです。みなさんぜひ!

DSC_1046.JPG

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ