椿の楽園、「栂牟礼山」。

「栂牟礼山(とがむれやま)」は、椿の楽園だったのか。

今年の見頃は過ぎてしまった。残念。

DSC_0316 0000.jpg

ということで、栂牟礼城址を擁する山「栂牟礼山(223.6m)」を登ってきました。

DSC_0296 0000.jpg

DSC_0289  0000.jpg

新緑の美しい時期です。自然がきらきらしています。

この山は初めての登山でした。

DSC_0349 0000.jpg

DSC_0347 0000.jpg

DSC_0339 0000.jpg

ご案内の通り、ここは城跡(山城)です。

1521年に大友氏配下の「佐伯惟治(さいきこれはる)公」によって築かれました。

DSC_0317 0000.jpg

登山してみて、尾根にたどり着くといつもほっとします。歩くのが楽だからです。

しかし、それをさせないように、防御のため、ところどころ尾根が削られております。

今も歴史の足跡が残っていることに、感動です!

それだけでなく、そもそもこの山は急傾斜なポイントがあり、

防御に強い山城であったと理解できます。

DSC_0310 0000.jpg

佐伯惟治公は、優秀な人物であったそうで、

延岡の「御頭神社」では学問の神様として、信仰を集めています。

しかし、惟治公はその優秀さを妬まれ、悲運の死を遂げています。

・・・大友義鑑氏への「謀反の企て」という、事実無根の告げ口が発端でした。

大友義鑑は、あの大友宗麟の父親です。)

DSC_0307 0000.jpg

そこから栂牟礼城は攻められますが、険しい山であったために落とされずに堪え凌ぎます。

その兵、2万人であったとのこと、まさに鉄壁の山城ですね。

しかし、人の良い「惟治公」は騙されます。

鉄壁の栂牟礼城を前に、「大友氏が怒りを解くので、日向の国に身を寄せよ」と欺かれたのです。

DSC_0303 0000.jpg

その後、素直にしたがった惟治公は、延岡の北川で命を狙われ、最後は自害をします。

生き残った家臣が、主君 佐伯惟治公の「首」だけは敵に渡してはならないと、

布に包み、逃げ辿りついた寺が、今日の「御頭神社」であるそうです。

DSC_0318 0000.jpg

この栂牟礼山は、椿の原生林が広がっており、その数3000本以上とも言われているようです。

DSC_0300 0000.jpg

椿の花は、花びらが散るのではなく、花まるごとポトリと落ちます。

未練がましくなく、潔い花の姿は、落ちてなお美しいです。

しかし、かつて武士たちは、首が落ちる様子に似ていて、椿を嫌っていたそうですね。

首といえば、「佐伯惟治公」。思い重ねてしまいます。

栂牟礼山に椿が多いのは、「惟治公の強い思いの表れ」とは言いませんが、

この山が「城として切り開かれた時期があった」こととは、関係があるはずです。

椿の原生林のあるエリアと、栂牟礼城のエリアがほぼ重なることはそういうことでしょう。

DSC_0322 0000.jpg

佐伯惟治公は33年の生涯でありました。

しかし、若くして優れた政治を行い、民や家来の信望を集めたそうです。

今のこの佐伯市をどう見るでしょうか。

そして、わたしたちは潔く暮らせているのだろうか。

DSC_0345 0000.jpg

栂牟礼山の「椿」に、その歴史に思いを馳せながら、来年は満開の椿を楽しみたいと思います。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ