祝オープン、九州オルレ「さいき・大入島コース」。

DSC_0871 0000.jpg

DSC_0872 3333.jpg

船に乗り込む人たち。どこへゆく?

神武天皇が東征の際にも立ち寄った島、

「大入島(おおにゅうじま)」です。

DSC_0881 0000.jpg

大入の島!なんてめでたい名前の島でしょう!

名前だけではありません。

そうです。2018年3月10日、祝い事がありました。

DSC_0887 0000.jpg

それは、この佐伯市の大入島で「九州オルレ」コースがオープンしたのです!!

(最終審査を経て、2017年12月22日に認定。)

DSC_0893  0000.jpg

DSC_0895 0000.jpg

「オルレって何?」とか言っているあなた!、まだまだ甘いですね~笑

韓国で大ブームになっているんですよ。

この日もすごい人の数で、大変なことになっていました!

DSC_0909 0000.jpg

「オルレ」とは、韓国・済州島から始まったもので、

もともと済州島の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味があります。

DSC_0913 0000.jpg

DSC_0915 0000.jpg

済州島の魅力を再発見するためにと、整備された広い道路ではなく、

その土地の風土の感じる路地を歩くというもので、韓国で大ヒットしました。

九州オルレは、その姉妹版であります!

DSC_0917 0000.jpg

大入島コースの名所のひとつ、「舟隠し」です。

最高に気持ちいいです。

DSC_0918 0000.jpg

DSC_0922 0000.jpg

韓国では、「オルレ」の認知度は非常に高くリピーターも多いそうです。

DSC_0934 0000.jpg

DSC_0939 0000.jpg

この日も、少なくとも100名以上の韓国からの参加者、またマスコミ関係者の方々が、

はるばるお越しになられていました。

DSC_0944 0000.jpg

DSC_0947 5555.jpg

DSC_0956 0000.jpg

島ならではの「みかん畑」や「漁業」などの日常風景を楽しみながら、

のんびりと自分のペースで先に進んでいきます。

DSC_0972 0000.jpg

DSC_0991 0000.jpg

DSC_0994 0000.jpg

DSC_0995 0000.jpg

美しい景色が続きます。

大入島には「海岸線に道路」と、「ひょうたん型の島の中央にトンネル」があるため、

8の字に周遊できます。サイクリングにも持ってこいです。

まだ道路が整備されていなかった時代・・・、

島の向こう側に行きたいときは、「山越え」する必要がありました。

その道が、このオルレコースであるのです。

DSC_1000 0000.jpg

DSC_1005 0000.jpg

海あり、山あり。景色に富んだこのコースは、数ある九州オルレコースの中でも、

多くのファンを作ってくれると思います。

DSC_1043 0000.jpg

360度のパノラマが広がる「遠見山」の頂上まであと少し!

DSC_1044 0000.jpg

DSC_1046 0000.jpg

DSC_1050 0000.jpg

DSC_1053 0000.jpg

やっほー!!最高です!!

どうですか~!素晴らしい眺めです。

何気ない風景こそ、オルレの最大の魅力であり、

当たり前の景色がどれだけ価値のあるものであったか。

九州オルレ全体の2016年度の訪問者は、なんと73,000人。

そのうち37%は、韓国からの訪問とのこと。

ぜひ、みなさん佐伯市にお越しください!

DSC_1064 0000.jpg

DSC_1066 0000.jpg

最後に、このコースの整備にご尽力された島民のみなさん、関係者のみなさんに感謝いたします。

台風の被害もありながら、ほんとうにご苦労さまでした。

九州オルレは、好きな時に来て、自分のペースでいつでも歩けます。ぜひ!

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ