「ダムに沈んだ橋」、祖母傾大崩ユネスコエコパーク(5)。

こんにちわ。まだまだ寒い日が続きます。

ですが、さすがに立春を過ぎますと、春を感じる陽気も少しずつ出てきましたね。

さて、今日は「橋」についてです。

DSC_1263 0000.jpg

佐伯市の宇目にある「北川ダム」。

高さ82mのアーチ式のコンクリートダムで、ダム湖百選に2005年に選ばれております。

現地に行くと、本当に素晴らしいです!と、同時に落差が恐ろしいです。

今回は、いわゆる放水部分の「ダム」自体の写真は出てきません!

(ちなみに、ダムカードがもらえるダムであります。)

DSC_1249 0000.jpg

さあ、こちらが今回の結論です。

幻の「旧 時間橋」です。

DSC_1250 0000.jpg

今頃の春時期の「渇水期」にだけ、ダムの中から顔を出してくれる橋です。

DSC_1258 0000.jpg

この橋は、現在の「時間橋」の真下に普段は沈んでいます。

(この写真はその橋の上から撮影しています。)

ご覧の通り、半分欠けてしまっていて、「時間」の流れを感じます。

その名の通りですね笑

そして、もうひとつ!

ダムに沈んだ橋はもうひとつあります。

DSC_1264 0000.jpg

DSC_1266 0000.jpg

石造アーチ橋「旧 田代橋」です。

幻の橋だけに、割増されて美しく見えます。

いや、それにしても水が無さすぎっ!

美しいのは理由があります。

この橋は崩落が始まっていたところを、

平成13年に地元の業者さんが無報酬で修復されているのです。

もしかしたら、このきれいなアーチは見れなくなっていたのかもしれないのです。

素晴らしい!

DSC_1292 0000.jpg

DSC_1289 0000.jpg

DSC_1280 0000.jpg

DSC_1297 0000.jpg

ということで、「旧 田代橋」から「現 田代橋」までご覧いただきました。

ちなみに、私の滞在している間、ここには3人来られていましたよ。

意外と有名なんですかね。

IMG_E8890[1].JPG

「北川ダム」の楽しみ方は、こんな風にぶらりしてみてはいかがでしょうか。

①「唄げんか大橋」を眺め、そして歩く。

②「ダム」を見に行き、ダムカードをゲット!

③「旧 時間橋」と「旧 田代橋」を見に行く。(渇水期のみ)

IMG_E8896[1].JPG

最後に。

ふたつの橋のうち、レアなのは、より深い場所にある「旧 時間橋」とのことです。

こちらが見れたらラッキーなのかもしれません。

幻ですので、見に行く「時間(とき)」が重要です。

DSC_1257 0000.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ