祖母傾大崩ユネスコエコパーク(4)、「すみつけ祭り」。

奇祭だ!奇祭だ!すみつけだ!

DSC_1177 0000.jpg

2年に一度のお祭り「すみつけ祭り」が行われました。

大分県知事、佐伯市長も出席される盛会となりました。

DSC_1183 0000.jpg

ここは佐伯市宇目の木浦鉱山地区です。

住所の通り、こちらはかつて鉱山で栄えた場所です。

もちろん「ユネスコエコパーク」のエリアに含まれます。

DSC_1184 0000.jpg

雪がちらつく寒い日でしたが、遠方からも多数の人が参加されました。

すみつけ祭りは、1600年頃に鉱山の守り神に

安全祈願をすることから始まったとされています。

DSC_1202 0000.jpg

3人の荒神さまが降りてくると、いよいよ始まります!

DSC_1211 0000.jpg

祭りでは、大根に墨をつけ、誰彼かまわず、

「祝わせちょくれ~!」と言って、顔に塗り合います。

顔についた墨が多いほど、縁起が良いとのこと!

IMG_E8858[2].JPG

IMG_E8861[1].JPG

すみつけ 工藤君.jpg

恍惚の表情でしょうか、我ながら相変わらず感情不明です。笑

DSC_1215 0000.jpg

すみつけが終わると、メインイベントに突入します。

神社から飛び出し、地区をねり歩きます。

DSC_1238 0000.jpg

荒神さまが舞ながら先頭して引き連れていきます。

地区をねり歩く際には、「大幣(おおべい)」というご神体を担いでまわります。

DSC_1241 0000.jpg

もうお気づきの方もいるかと思いますが、地元の方よりも、他所から来た人の方が多いです。

過疎化が進み、「すみつけ祭り」は存続の危機に瀕しております。

「鉱山」のこの地域の山神社で始まったこの祭りは、

氏子さんがいて、その家々を周ってこそ意味があり、

また、この木浦鉱山地区だからこその「墨つけ」で、神事であります。

DSC_1245 0000.jpg

少しかたちを変えていくことになるのかもしれませんが、

2年後もまた祭りがあってほしいです。

太鼓は山々に響いておりました。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ