提内(ひさぎうち)地区の「春祈祷」。

こんにちわ。年度末にかけて、何かと忙しくなって参りましたね。

そして、寒いです。今年の冬は特別です。

DSC_0025 0000.jpg

こちらは佐伯市弥生の提内(ひさぎうち)です。

DSC_0029 0000.jpg

DSC_0034 0000.jpg

DSC_0037 0000.jpg

・・・というわけで、雨が降る中やってきました。

DSC_0039 0000.jpg

ここは六柱神社、こちらの氏神様です。

この日は地区の公民館で「春祈祷」があるとのことでお邪魔してきました。

DSC_1038 0000.jpg

DSC_1045 0000.jpg

DSC_1059 0000.jpg

私が到着したときは、ちょうど神楽が行われておりました。

というより、半日かけて、祭事が行われているようです。

13時から始まり、終わりは21時までとのこと。びっくりです。

DSC_1123 0000.jpg

DSC_1128 0000.jpg

DSC_1131 0000.jpg

「春祈祷」と検索してみると、全国各地で行われているようです。

時期は、1月~3月です。

千葉県生まれの私は「春祈祷」という言葉を聞くことなく、ここまで生きてきました。もしや恥?

DSC_0014 0000.jpg

DSC_0021 0000.jpg

DSC_0008 0000.jpg

やはり、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、身体健全、無病息災を祈る行事であります。

こちらでは神楽のうち、「岩戸神楽」を舞うのが習わしのようです。

大きな太鼓の響きを聞いていると、その波動に邪気が退散していくようです。

DSC_0065 0000.jpg

「里」っていうのは、あらためて「集落」のことであり、「浦」についても同様であることを体感をさせていただいております。

特に、リアス式海岸の佐伯市は「浦」が多く、浦の背に抱える山の向こうにも、川筋ごとに「里」があります。

そして、各地域ごとに、神社があり、祭事が行われ、非常に文化豊かな地域が形成されています。

DSC_0046 0000.jpg

この提内(ひさぎうち)地区も、川筋に位置しており、その川は「提内川」といいます。

上流方向には何があるのか?

知りたがりのリトル大野(古い!笑)が出てきてしまい、提内川の上流方向に進んでみました。

すると・・・、神社が!

DSC_0056 0000.jpg

DSC_0048 0000.jpg

DSC_0050 0000.jpg

歴史が深そうですが、実際はよくわかりません。

冒頭にご案内した「六柱神社」、こちらは大正13年に「6つの神社が合祀」されたものです。そのうちのひとつだったりするのかしら。

とにかくパワースポット的な場所で、小さなふたつの川が合流する地点に位置しておりました。

ありがたや~!

DSC_0052 0000.jpg

なかなかの急傾斜の石段です。上が気になりますが、遠慮しておきました。

それにしても、佐伯市、奥が深いです。

DSC_1073 0000.jpg

DSC_1099 0000.jpg

DSC_1090 0000.jpg

DSC_1076 0000.jpg

DSC_1162 0000.jpg

DSC_0001 0000.jpg

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ