豊予要塞、「丹賀砲台園地」。

美しい海が広がる鶴見半島。

DSC_0001 1111.jpg

ここに戦争の足跡が残ります。

悲しい歴史がまたあるのです。

DSC_0022 0000.jpg

終戦を迎えるまで、軍拡を進めてきた日本。

呉へのルートでもあった豊後水道の防備のため、豊予要塞のひとつとして、

この鶴見丹賀に、1933年(昭和8年)10月に丹賀砲台が完成します。

DSC_0046 0000.jpg

丹賀砲台には、巡洋戦艦「伊吹」の主砲(45口径30センチ2連装カノン砲)が転用されました。

DSC_0018 1111.jpg

これには、1921年(大正10年)のワシントン海軍軍縮条約との関りがあります。

DSC_0012 1111.jpg

この条約において、軍艦の保有が制限されたのです。

DSC_0047 0000.jpg

持ち分は、米・英・日の軍艦保有率5・5・3とされ、

これにより廃艦となる戦艦の主砲を、陸上での活用に切り替える判断をしたのです。

DSC_0060 1111.jpg

そして、ここまでご覧いただきました海、この丘の上に、砲台があります。

DSC_0052 1111.jpg

この入口は当時のものを活用しています。

DSC_0054 1111.jpg

これは何でしょう?

DSC_0053 1111.jpg

井戸の中から見上げているような画ですが、

「砲塔井」と呼ばれるまさに砲台が設置されていた部分です。

その上にドーム状の屋根を作って、この戦争遺跡を風雨から守っています。

先ほどの写真は、このドームの屋根でした。

DSC_0059 1111.jpg

砲塔井には入口から斜坑を通ります。

リフトでおよそ3分。

階段は162段あり、最大傾斜角度は45度の急階段です。

太ももがパンパンになります。

しかし、当時はここを日常的に昇り降りしていた訳です。

DSC_0055 1111.jpg

いよいよですが、この丹賀砲台園地であった悲しい歴史とは、次の通りです。

1941年(昭和16年)12月、真珠湾攻撃があり大戦がはじまります。

翌1942年(昭和17年)の1月11日、戦闘に備えて実射訓練を開始。

8発を発射し、最初の4発は射程距離1万メートル(10km)、

後の4発は射程距離2万メートル(20km)を発射。

そして、最後の1発が砲身の中で暴発し、砲塔井の根元から吹き飛ばされました・・・。

DSC_0058 1111.jpg

この被害によって、16名の方がお亡くなりになりました。

米軍の提案による「ワシントン海軍軍縮条約」によって、

ここに転用されることとなった砲台が、

米軍との大戦に備えた訓練で暴発する結末となってしまいました。

そんな悲劇(歴史)の上に、私たちは生かされています。

歴史を知らなかったことが、ときに罪のような感覚を覚える瞬間がありますが、

私だけではないようです。

意外にも、遠方からここには見学者が訪れています。

今回、内側の写真をあまり掲載していませんが、

中は言い表せない緊張感のある空気が流れています。

今は、そういう場所が少なくなったように思います。

自らに喝を入れるために、赴くのも良いかもしれません。

それにしても、貴重な財産です。

DSC_0056 1111.jpg

この日、ドームの外にはこんな最高の景色が広がっていました。

平和の下で、鶴見大島をぼんやり眺めます。

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ