ぶらり直川、途中停車の旅。

懐かしい風景がある。

DSC_0096 0000.jpg

ここは、大分県佐伯市直川(なおかわ)。

DSC_0167 0000.jpg

奥行きのある広い「直川」。この日は佐伯寄りのエリアを中心に歩きました。

DSC_0093 0000.jpg

もちろん、場所から場所は車で移動です。

しかし・・・

DSC_0157 0000.jpg

直川は、「歩きたくなる場所」です。なぜでしょう・・・。

DSC_0102 1.jpg

直川に住む彼に聞いてみようか・・・笑

DSC_0150 0000.jpg

DSC_0147 0000.jpg

直川のわたしのイメージは「大きな公園」。

DSC_0104 0000.jpg

この笑みは、「いい事言った!」ということでしょうか。笑

もともと佐伯藩政の時代は、その石高の多くをこの直川が支えていたといいます。

田んぼに水をひく水路は、なかなかの歴史を感じさせてくれます。

(憩いの森公園には、農具の資料館も)

水田の美しさや、ところどころにあるお地蔵様や石塔が

ノスタルジーを感じさせてくれます。

DSC_0001 0000.jpg

DSC_0016 0000.jpg

「直川ダム」、「陸地峠(かちぢとうげ)」。彼が案内してくれました。

DSC_0037 0000.jpg

そして、さらにとっておきの場所に誘(いざな)われました。

DSC_0088 0000.jpg

DSC_0047 0000.jpg

きれいな水が揺らめいています。

DSC_0057.jpg

DSC_0050 0000.jpg

真剣な眼差し。きっと「ユー、早く上に来ちゃいなよ」という催促です。笑

DSC_0060 0000.jpg

この広い広い公園のような気持ち良い景観の中にいると、

素晴らしい景色も時間の中で、

当たり前になってしまうのかもしれません。

なぜなら・・・

DSC_0085 0000.jpg

この滝は、名前がないらしい・・・。

地元の方にお尋ねしても、名前の確認ができなかったのです。

(本当は名前あるんですよね・・・?)

DSC_0064 0000.jpg

この場所にとって当たり前というものの中に、

もう都会では取り戻すことのできない景色がある。

もし、名前のない景色があるのならば、名前をつけるべきでは・・・。

それだけで大事にされるような・・・、そんなことを思いました。

DSC_0156 0000.jpg

(ものによっては、注目されると迷惑になることもあるのでしょうね。)

それにしても、直川って、いいね!

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。本市は海と山の国定公園を擁しております。空港から1時間40分。新幹線は走っていない。都市部からのアクセスが良いとは言えないものの、だからこその手つかずの自然が残されております。特に沿岸部は、リアス式海岸であることが大きく地域性を育んでくれました。海外旅行に行っている場合ではないですよ。地方都市をめぐりましょう。旅行先に、移住先に佐伯をお選びいただけましたら幸いです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ