神業(かみわざ)。

DSC_0241.JPG

進水式。

大分県佐伯市では、ほぼ毎月のように行われています。

DSC_0253.JPG

船を造るという営み。また、それを続けてきたということ。

わたしは、大変尊く感じております。

DSC_0247.JPG

進水式は、とにかく「縁起が良い」です。

まず、「お祝いごと」であり、船舶にとって最初の「船出」であります。

「紅白幕」の会場に、「神事」が「宮司」によって執り行われ、

「主役の船主さんからの餅投げ」もなされたりします。

DSC_0232.JPG

進水直前の<支鋼切断>では・・・

悪魔を振り払うといわれる「銀の斧」で、

船を最後まで繋げているロープ<支鋼(シコウ)>を切断します。

切断すると、連動して「シャンパン」や「日本酒」が船体に叩きつけられ、

同時に「くす玉」が割れ、「リボン」や「紙ふぶき」が舞います。

「大安」や「友引」に、進水式が実施されることが多いように感じられます。

佐伯では、ブラスバンドによる「生演奏」が式典に華をそえます。

DSC_0228.JPG

これだけ新船の誕生は、おめでたいということなのです。

おめでたくしなければならないのです、きっと。

なぜなら、大自然に立ち向かわなくてはならないからです。

造船は、「尊い」です。

海を乗り越えていく建造物。

これを造り出す職員のみなさんが神々しく見えます。

DSC_0226.JPG

「神業(かみわざ)」という言葉を検索してみました。

1.神のしわざ。または、超人間的な技術や行為。

2.神に関する行事。

と、あります。

巨大な船を造り出すこと、これは本来「神業」なのでしょう。

DSC_0265.JPG

作業着こそ着れど、神職のような尊い仕事といえる造船業。

DSC_0273.JPG

この日もまた、船に命の火が灯されました。

DSC_0275.JPG

DSC_0172.JPG

明日もまたこの佐伯で続いていく造船業。

絶えず揺れるともしびに尊さを感じます。

元気がない方、佐伯へお越しください。

進水式をご見学ください。

これから長く自然に立ち向かう船の誕生をご見学ください。

きっと心酔(進水)し、再起(佐伯)できるはずです!

(曲をつけたい方はご連絡ください笑)

大野 達也

大野 達也

大分県佐伯市

千葉県出身。2015年10月末、大分県佐伯市に移住。

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ