ムササビが飛んだ!!(動画あり)

みなさんこんにちは!

先日、大分県佐伯市の城山で「ムササビ」の鳴き声と滑空する様子を観察しました♪

この日は天候もよく、夕焼けと三日月と沢山のムササビに出会いました♪

image.png

56862319_2165008856911465_8782012500209041408_o.jpg

56907765_2165008693578148_6714142741124612096_o.jpg

57232221_2165008743578143_3291298499089399808_o.jpg

ムササビの鳴き声と滑空する姿ってみなさん見たことありますか?

佐伯城跡のムササビ【鳴き声と滑空映像】

佐伯市の城山には、多くのムササビが生息しており、ムササビに興味を持つ方も多くよくムササビについて聞かれる事もありますのでここで少しムササビについて書かせていただきます。
(ネットの力を駆使して・・・笑)

【なぜムササビと呼ぶの?】

文献記述としては、『万葉集』ですでにみられているらしい。

①267番の歌では「牟佐々婢」
②1028番では「牟射佐毗」
③1367番では「武佐左妣」

などと記されるという。

ムササビという語源については、中村浩の著『動物名の由来』(東京書籍)において、小ささから「身細(むささ)び」と呼んだとされている。
(身を「ム」と読むのは「ムクロ」と同じ)(小さいを「ササ」と呼ぶのは竹やさざ波と同じ)

(Wikipedia参照)

57232221_2165008743578143_3291298499089399808_o.jpg

【なぜこんなに簡単にムササビを見ることができるの?】
【城山にはどれくらいムササビがいるの?】

佐伯市の城山には昔から多くのムササビが生息していると言われていました。
私が小さい頃にも、学校の授業の一環でムササビ観察会を先生が開いてくれたこともあったくらいです。

その時に、ムササビの先生として来てくださっていた、平野さんがまとめている文献がございますのでそちらを少し紹介させていただきます。

● ムササビ調査結果のまとめ城山のムササビ調査は、新月と満月に近い日に行いました。新月には、17~18 頭の確認が出来ました。満月には、13~14 頭の個体が確認できました。

通常、ムササビは成獣のメスが平均 1.1ha の他個体と重複しない行動圏を持つといわれています。

オスは 2.1ha です。(川道武男 1999) メスの行動圏と確認個体数で単純に計算しますと、国内の通常の生息地に比べ、1.8 倍~2.6 倍の密度で生息していることになります。

ただし、オスメスの推定数の見直しにより生息密度は増加する傾向を示すと考えます。

中略・・・

今回のムササビ調査面積は、城山の約十分の一程度です。単純に計算するのは乱暴なので生息数の 推定は出来ませんが、通常の国内の生息地より多くの個体が生息しているのは確実だと考えられます。

いずれにしても、今後も調査を続け、城山全体の頭数の把握に努めたいと考えています。

あらためて調査に協力していただいた市民の皆さんに感謝申し上げます。今後もたくさんの市民の皆さんのご協力のもとに、城山のムササビを調べていきたいと考えています。

ご協力有難うございました。今後も宜しくお願い致します。

(第二次自然環境調査 参照)

と記載しております。
つまり、人口密度ならぬ、ムササビ密度が城山は高いのです♪
だからこそ遭遇率も高く、巣穴も多く昔から佐伯市民の間でムササビは身近で親しみある生き物となっているのです。

・・・と思っていたのですが

最近の佐伯市民の中にはムササビを見たことがない...

という方が結構多く、意外と親しみを持っていたのは一部の人間だけなのか!?

という気づきもあり、笑

もっとムササビや自然を見る機会を設けたい♪
夜の山にも登ってほしい♪
佐伯市の魅力にもっと気づいて欲しい♪

そして

「佐伯市のアウトドアをもっと観光に!」

という事で、夜(夕暮れ)の城山を歩く「城山ナイトハイク」を毎月第2第4水曜日に実施しております♪
IMG_6199.JPG

次回(第2回)は4/24(水)です♪

この時期にムササビが観れる時間帯がわかったので、次回はぜひ観てもらいたい!!
参加費無料で、誰でも参加可能!自由です♪
詳しくはテントテントプロジェクトFacebookに掲載しております♪
Facebookやっていない方でも、当日飛び込み参加でも、OKです♪

この機会にぜひ、佐伯市のさらなる魅力に気づいてみませんか!?

あなたの佐伯暮らしにアウトドアをほんの少しプラスします♪
テントテントプロジェクト 工藤

工藤 克史

工藤 克史

大分県佐伯市

大分県佐伯市 地域おこし協力隊の工藤克史(25)です。 現在「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」認定に向けて 藤河内渓谷でキャニオニングガイドや 自然散策、星空観察のための勉強をしながら 楽しく毎日を過ごしています♪ 出身は大分県佐伯市で、大学進学を機に大阪府へ(大阪芸術大学 デザイン科卒) 大阪で2年間野外教育(アウトドア)の仕事に就くが、大好きな地元佐伯市の、大好きな自然をフィールドに仕事がしたい!! そう考え、たまたま見つけた「アウトドア好きな方!」という地域おこし協力隊の募集要項を発見し、佐伯市へUターン♪ 佐伯市のアウトドア寄りの情報を発信していきますので、みなさん気軽に見ていってください! よろしくお願いします♪

コメント

この投稿者の移住ブログ

大分県佐伯市(さいきし)の移住ブログ