佐久市まるっとテレワーク推進事業について

下記記事の転載元は、佐久市のホームページをご覧ください。

https://www.city.saku.nagano.jp/machizukuri/shokogyo/telework.html

まるっとテレワーク推進事業

市では、市内への企業誘致、創業・起業の促進、Uターン・Iターン等の移住者を含む雇用の創出をさらに加速させることを目的に、佐久市の恵まれた自然環境と都市環境をフル活用したテレワークフィールドの整備を進めています。

新たな働き方のスタイルを提案し、「テレワークで活躍できるまち」として佐久市の地方創生を図っていきます。

※「まるっと」には、「まちごと」・「まるごと」の意味を込めています。

※「テレワーク」とは、インターネットなどの情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

事業内容

地域の遊休施設や空きスペース等を利活用し、これからの佐久市のビジネスインフラとなるような「地域の特徴に合わせたテレワークスポット」を市内各所へ整備します。

事業効果
新産業や雇用の創出

新しい人材・ビジネスの流れを作り出す企業の増加が期待されます。

ワークライフバランスの実現

場所や時間にとらわれない新しい働き方に繋がります。

その他

災害の少ない佐久地域の利点を生かした非常時サテライトオフィス機能の実現に繋がります。

まるっとテレワークの具体例
まちテレ(コミュニティテレワークセンター)

佐久情報センターを改修した地域に根ざす総合型テレワーク拠点の整備

≪具体的活用方法≫

  • 地域内外のビジネス交流
  • 起業支援講座などの開催
  • サテライトオフィス利用企業の誘致
えきテレ(スマートテレワークセンター)

佐久平駅(プラザ佐久)の空きスペースを活用した市内のテレワークブランディング

≪具体的活用方法≫

  • 机や椅子等の設置により、新幹線の待ち時間等にフリースペースを活用したテレワークの体験
ちょいテレ(ちょっとしたテレワークセンター)

既存施設のアイドルタイムや遊休スペース、カフェ等の飲食店を活用したテレワークの推進

≪具体的活用方法≫

  • コワーキング施設の整備による地域交流
  • 創業支援
  • おもてなしブース提供
  • 各地域の情報発信
リゾテレ(ワーケーションテレワークセンター)

中山間、リゾート、温泉地等でのリゾートテレワークの推進

≪具体的活用方法≫

  • 保養滞在型テレワーク
  • 短期滞在型テレワーク
  • 進出企業と連携した滞在型の研修
佐久情報センターをテレワーク拠点施設として改修します

市では、まるっとテレワーク推進事業の一環として佐久情報センターを改修し、テレワーク拠点施設としての整備を予定しています。

事業スケジュール
  • 令和元年10月頃~ 改修工事
  • 令和2年3月下旬 プレオープン
  • 令和2年4月~ オープン

改修工事の実施に伴い、令和元年10月から、佐久情報センターの利用を中止させていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。 (デジタル工房については、11月末までご利用いただけます。)

佐久情報センターの利用に関するお問い合わせは、佐久市役所広報情報課(電話:0267-62-3923)へお願いします。 新規ウインドウで開きます。佐久情報センターのページ

テレワーク拠点施設イメージの画像

長野県佐久市(さくし)からの移住ニュース一覧