お山のてっぺんで「夏の民芸展2018」&ランチ~多津衛民芸館

IMG_0695.JPG

佐久市地域おこし協力隊の大澤です。

8月10日(金)、17日(金)に望月の食材を使いランチ提供をします。

えいっことは、このあたりで結(yui)=ご縁でたすけあうことを言います。
つながりの中からいいものをひとつずつ、ゆっくりじっくり選びときには育て料理しています。100歳からヨガと食養を始めた多津衛先生にちなみ食養をテーマに季節の食材を提供できたらと思っています。いつもの時間軸をゆるめ、食材から自然を感じていただけたら幸いです。

*写真はイメージです。

<メニュー>

○そばサラダ

○揚げナス~高野豆腐のそぼろ庵

○蒸し鶏~キュウリと紫蘇のタルタルソースかけ

○えごまおむすびと祝島ひじきの梅おむすび

○冷製ポタージュ

<望月の使用食材>

米~けんの農場の在来種赤ヒバリの玄米、盛ちゃんきみちゃんのお米、

野菜~清水宣子さんの伝統ナス、藤井農園、百笑農房の無農薬ほおずき、 結農園のえごま

蕎麦~協西のえいっこのそば

味噌~おんなしょうの会の味噌玉信州味噌

¥1500(限定15食ほど)

*素材の仕入れにより変更になる場合もございます。

S__285196294.jpg

多津衛民芸館『夏の工芸展2018』

開催日時:2018/8/10(金)〜8/17(金) 期間中無休      

10(金)は12時開始/17(金)は16時まで      

期間中無休/期間中は入館料無料

開催場所:多津衛民芸館      

〒384-2202 長野県佐久市望月2030−4      

https://goo.gl/maps/88YKhKjGwGT2

出展作家:

佐藤阡朗(漆工芸創元舎・漆)

岡本一道(天池窯・陶磁)      

高橋敦(木工家具 ゆずりは・木工)      

宗廣佳子(工房 結・紬)      

吉澤武(工房 結・琴)      

井出克幸(陶磁)      

神谷千恵(陶磁)      

曽我一朗(家具工房 TE.TE.RO・木工)

10(金)〜12(日)と17日(金)はランチ営業あり 期間中の週末を中心に、望月産の野菜や在来種小麦を使用した特別ランチを販売いたします。 展示即売の手仕事品、そして多津衛民芸館所蔵のうつわとともにお楽しみください。

■佐藤阡朗さんを囲む会(期間中開催)

 夏の工芸展2018、初日の夜。  漆作家の佐藤阡朗さんを囲んでの夕食会を開催します。  つくり手と、つかい手をつなぐ交流の場です。  ぜひ、気軽にご参加ください。

大澤 美保

大澤 美保

長野県佐久市

長野県佐久市地域おこし協力隊望月地区の大澤です。 ミッションは荒廃農地の再利用、農産物の加工品開発、伝統食継承のイベント企画です。 東京で10年ほどグラフィックデザイナーをしていましたが3.11をきっかけに福岡県うきは市で地産菜食の食堂を経営しながら無農薬栽培のお米を作ってました。 自然の中で子育てしながら、地域おこしの仕事をしています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ