佐久の魅力を伝える道の駅オープン!〜看板デザインの仕事

こんにちは、えふでです。
今日もこのブログを訪ねて頂きありがとうございます。

この夏、佐久に新しい道の駅がオープンします。
その名も「道の駅 ヘルシーテラス佐久南」

佐久市と静岡市を結ぶ中部横断自動車道の佐久南ICにほど近く、
市内の幹線道路国道142号に面した交通の要衝となる場所に、
佐久の魅力を広く内外へ紹介する拠点として作られました。

全国に道の駅はたくさんありますが、
「ヘルシーテラス佐久南」は
国土交通省による、地方創世の核となる特に優れた取り組みを行う道の駅
=「重点道の駅」にも選定された、佐久市にとっても意義深い道の駅です。

人もまちも元気な「健康長寿都市」という佐久市の魅力・強みをキーワードに
市外から訪れる人々の利用を通じて広くまわりの地域へ、
またこの地で暮らす市民の利用を通じて市内へ、
内外にその魅力を伝えるための様々な試みが詰まっています。

ちなみに「ヘルシーテラス佐久南」は市民が考案したネーミングです。
(市による公募で昨年9月に決定)

先日6/30(金)10時にプレオープンを迎え、
7/6(木)までのプレオープン期間を経て
いよいよ7/8(土)9時にグランドオープンです!


IMG_1146.jpgのサムネイル画像
▲佐久市の広報誌7月号でも道の駅が特集されています。

実は、その道の駅の看板のデザインを市からご依頼頂き、
先日完成した看板を見てきました。
このお仕事もまた、先のブログで触れた、
ブログがきっかけで頂いたうれしいオファーのうちのひとつです。

IMG_0874.jpgのサムネイル画像
▲敷地内の建物入り口近くに立つこの2つの看板をデザインさせて頂きました。
ちょうど看板の隙間から向こう側に見えている山は「虚空蔵山(こくぞうさん)」と言います。
右側の小ぶりの看板は、その虚空蔵山の散策コースの案内です。
IMG_0824.jpgのサムネイル画像
▲道の駅のコンセプトと施設の案内
IMG_0825.jpgのサムネイル画像
▲虚空蔵山の散策コース案内

折角なので、看板の内容を引用して、
道の駅ヘルシーテラス佐久南についてご紹介しますね。

ブログでは実際の看板デザインとレイアウトの位置関係が違ってしまいますが、
その点はご了承ください。

看板スクショ170703_00.jpg看板スクショ170703_01a.jpgヘルシーテラスは、佐久の魅力と人々を繋ぐ拠点

この場所では、
知る、買う、食べる、ふれあう、体験する、憩うなど
様々なかたちで佐久の魅力を感じることが出来ます。

同時にこの場所は、
旅行やレジャーでこの地を訪れた人々と
この地で暮らす人々を繋ぐ場でもあります。

ヘルシーテラスは佐久の魅力に溢れた[媒体]というわけです。

佐久の魅力と人々から相互に伸びた矢印は、
この道の駅を媒体として様々なかたちで発信される佐久の魅力が
人々の、知りたい・試したい体験したいという動機づけとなり
佐久の自然まちに対するより深い理解と愛着につながっていく
そんな発展的なループをイメージしたものです。

自然と共に暮らす人々のいきいきとした営みを表現するために
イラストを添えました

企画書の様な図ですが、あえてそうすることで
他とはちょっと違う提案型の道の駅であることを
感じてもらえるのではないでしょうか。

看板スクショ170703_02.jpgのサムネイル画像▲こちらは施設の案内です。
調理や加工体験ができるキッチンを備えた「体験室」や、
農作物の収穫や、土いじりなど農作業体験ができる「ふれあいパーク」、
道の駅を起点に歩ける散策コースなど、
特徴的な道の駅になっています。

......

続いて、虚空蔵山(こくぞうさん)の紹介です。
地元の方たちによって整備された散策コースが3種類。
ドライブの疲れを癒やすリフレッシュに、
あるいは、健康のためのウォーキングに。
犬を連れての散策もいいですね!
所要時間や体力に応じて楽しめます。

※散策路を管理する地元の方に伺ったところ犬連れでもOKとのことです。
当然ですが、フンやおしっこの始末は飼い主のマナーです。
ゴミの持ち帰りもお願いします!

看板スクショ170703_03.jpgのサムネイル画像虚空蔵山は佐久平を広く見渡す眺望に優れた地形から
その昔武田軍が烽火(のろし)台をおいたと伝えられています。

以下は、展望台からの素晴らしい眺めや
散策路の魅力を伝えるために描いたイラストの抜粋です。
もちろん、絵を描く前に私も実際に歩いてみましたが、
とても魅力的な散策路でしたよ。展望台の眺望はホントに気持ち良かった!
春先の宝生寺山公園は梅や桜で色とりどり!眺めも最高です!
(その時の詳しいお話はまた今度ご紹介しますね。)

看板スクショ170703_06.jpgのサムネイル画像
看板スクショ170703_07a.jpgのサムネイル画像


いかがでしょう?

道の駅ヘルシーテラスと虚空蔵山、行ってみたくなりましたか?
ここまで読んでそんな気分になったら、
デザインやイラストで多少なりとも佐久の魅力が伝えられた。
と、いうことになりますね!

.........

では、ここからは、6/30プレオープンの様子をご紹介します。

当日はあいにく曇り空でしたが、かろうじて雨は降らず、
オープン直後から大変な賑わい!
物販スペースの「ふるさと自慢館」は
予定の10時より早めに開店させたということで、
10時ちょうどに私が入った時にはすでに人で一杯。
地元野菜の直販コーナーはずいぶん商品が無くなってました。

木材(確か地元産だったはず...)を多用した天井が特徴的な広い空間。
外光を取り入れた自然で明るい雰囲気がイイ感じです。

IMG_0940.jpgのサムネイル画像

IMG_0942.jpgのサムネイル画像

IMG_0937.JPGのサムネイル画像
▲メディアの取材を受ける柳田佐久市長の姿も


佐久の農産物を中心に、
健康長寿のテーマに沿った、新鮮で美味しそうな様々な食品が
たくさん並んでいます。

IMG_1150.JPGのサムネイル画像
▲佐久の春日地区でこだわりのチーズづくりを続けている
「ボスケソ」さんのチーズも発見!...美味しそ〜

IMG_1151.JPGのサムネイル画像
▲佐久産の果物を使ったジャムやジュース
佐久に蔵元がある日本酒
佐久の名産「佐久鯉」の商品もいろいろ。
佐久鯉の魚醤、気になったなぁ... パッケージもグーです。
どんな味するんでしょう。今度行ったら買ってみよっと。

軽食コーナー/レストラン/体験室は
6/30に私が行った時間帯は準備中であまり撮影出来なかったので
6/27に見学させて頂いた際の写真も含めて紹介します。

IMG_0850.JPGのサムネイル画像
▲軽食スペース
IMG_1154.JPGのサムネイル画像
▲レストラン「四季の彩」
窓が大きくて明るい空間です。
メニューには佐久や信州産の食材を使った美味しそうなお料理が並んでます。

IMG_1153.JPGのサムネイル画像
▲窓の向こうに田畑が広がる体験室
アイランド型キッチンが3台並んでいます。
こんなところで地元の食材を使った調理体験なんていいですね〜!!
パーティションで自在に空間を仕切れて、団体の食事スペースや
ミーティングスペースにも使えるとの事。なかなか機能的です。

IMG_0988.jpgのサムネイル画像
▲紹介が後になりましたが建物の外観です。
間近に見えるのが虚空蔵山。
天辺にぴょこっと飛び出してるところに展望台があります。

IMG_0853.jpgのサムネイル画像
▲手前が交流広場
様々なイベントを通じて来訪者と地元市民の交流の場となります。
ベンチの下には災害時に備えてテントやかまどが格納されています。
▲遊具がある奥の芝生のスペースと、その右手の土のエリアがふれあいパーク。
まだ準備中の状態ですが、将来的に農作物の収穫体験などが出来るようになるそうです。
天気が良ければ向こうに浅間山が広がってるんですけどね...

IMG_1155.jpgのサムネイル画像
▲こちらは道の駅に重要なトイレ。
と〜ってもキレイで充実の設備です!
プレオープン時にはお年寄りが、
「これはまたえらいきれいなトイレやなぁ〜!」と感動されてました。
その時は流石に写真を撮らなかったので、
3月頃建設中に市の職員の方にご案内に頂いた時の写真でご紹介します。
女性のトイレにはメイク台。ベビーチェアやベビーシートは男女共に完備。
その他、多目的トイレはもちろん、授乳室も備えています。

......

以上!

さらに行ってみたくなったでしょう?

ちなみにプレオープン期間中は営業時間が短いのでご注意を
6/30(金)〜7/6(木)は10:00〜15:00営業(レストランは11:00〜15:00)
7/7(金)はお休み
7/8(土)9:00〜グランドオープン
オープニングイベントもいろいろありますよ!
(信州豚の無料試食や牛乳の無料配布などなど)
7/30(日)には虚空蔵山ポールウォーキング(要申込)も!!
詳しくはこちらを参照ください。


訪ねた時は看板見るのを忘れずに〜〜!!!

IMG_0992.jpgのサムネイル画像IMG_0931.jpgのサムネイル画像

それでは次回をお楽しみに!

footer_erSummer.jpgのサムネイル画像

えふで

えふで

長野県佐久市

東京杉並に長く暮らしていましたが、山の見える自然豊かな土地での暮らしを求めて2016年3月に50才で信州佐久の里山へ移住しました。 目下、絵本作家を目指すグラフィックデザイナーとして田舎暮らしに奮闘中。 家族は妻と愛犬バティー。築35年の空き家を改装した家で草木と田畑に囲まれて暮らしています。 田舎暮らしを検討中の皆さまのお役に立てるよう、移住先探しから移住後の暮らしまで、絵と写真とデザインを駆使して情報発信していきます。 ブロガー名の「えふで」の「え」は絵・縁、「ふ」はフォト(写真)・ふるさと・ふれあい、「で」はデザイン・出会いの意味を込めました。どうぞよろしくお願いします。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ