季節は巡って...ブログ再開!(4〜6月のご報告)

こんにちは、えふでです。
3月31日に投稿して以降、3カ月ブログの執筆をお休みしていました。
みなさま、大変ご無沙汰しております。

そして、改めてこのブログを訪ねて頂きありがとうございます。

今年3月に移住1周年を迎え、
移住後なにかと苦労が多かったお話をこれまでブログに綴ってきました。
2月に「夫婦共にハッピーでいられるか?田舎暮らしの分岐点」と題して
前編後編あとがきの3編で綴った記事では周囲を心配させてしまったので、
ブログの更新が止まったことで、
「いよいよついに田舎暮らしが立ちゆかなくなったのでは!?」
と思った方もいらっしゃるかもしれませんね...。

安心して下さい!!
ちゃんと元気に田舎暮らししてますよっ!!!

ブログが書けなくなった理由は...

4月に入った途端、
ありがたいことに急に仕事がいくつも舞い込んで

人生最大のピンチというくらい忙しくなってしまったのです。

仕事が無くてピンチだった生活が一転、
仕事が押し寄せてピンチになるとは!!??
なんて幸せなんでしょう!
...人生わからないものです。

しかも!
頂いたオファーはいずれも

このブログの絵が目に留ったことがきっかけだったんです!

次々と頂くオファーがあまりにうれしくて、ありがたくて、
たとえ予算が少なくても!
納期がタイトでも!
スケジュールが重なっていても!
「ありがとうございます!!やらせて頂きます!!」を繰り返した結果、
冗談抜きで本当に寝る暇が無い日々に陥ってしまいました。

まぁ、所詮一人でやれる範囲なので
10も20もオファーがあった訳ではありませんが...
それでも、
頂いたチャンスには期待以上で応えたい!
地元での実績を1つでも多く作りたい!
今、ここが頑張りどころだ!
と、がむしゃらに仕事に集中しました。
50歳を過ぎてこんなに徹夜を続けて自分でも大丈夫か?と思うくらいの日々。

そんな状態では流石に週4日のスーパーの早朝バイトを続けられず、
4月下旬からは週1日だけに減らしました。

ピークを抜けたのは5月半ば。
その後は、手が回らずお待たせしていた案件の対応に追われながら
気づけば6月も終わり...。

それでも仕事を頂けるのは本当にありがたいこと。

もう、心から、
ブログを通じてつながったご縁に感謝です。

(仕事の詳しい紹介は、また後ほど。)


さて、
そんなこんなでブログを書けずに早3カ月、
寒冷地の佐久も4〜6月は一年で最も彩り豊かに自然の変化を感じる季節。
残念なからタイムリーにお伝えすることはできませんでしたが、
時間を遡り、春から初夏の移ろいを写真で振り返りながらご紹介します。

4月1日(土)
早朝はまさかの大雪。(右の写真)
まだ降るか!?と心配しましたが、午後にはすっかり溶けて(左の写真)
これが今シーズン最後の雪となりました。

IMG_0898.JPGのサムネイル画像

桜の満開は4月23日

IMG_0899.JPGのサムネイル画像

待ち望んだ我が家の桜も、こんなにきれいに咲いてくれました。

IMG_0788.JPGのサムネイル画像

忙しい合間を縫って、愛犬バティーを連れてお花見にも行きました。
初めて訪れた佐久の桜の名所のひとつ、長野牧場(家畜改良センター茨城牧場長野支場)
それはそれは良かったです!
西陽に輝く桜の美しかったこと! 生涯忘れられないお花見となりました。

IMG_0797.JPGのサムネイル画像

庭の草木も入れ替わり立ち替わり花を咲かせ、暮らしに彩りを与えてくれています。
枝も雑草もぐんぐん伸びるので、剪定や草刈も追いつきません。

IMG_0809.JPGのサムネイル画像

時には、あちこちに生えてくるアスパラやイチゴを味わったり...

IMG_0798.JPGのサムネイル画像

器に生けて楽しんだり...

IMG_0806.JPGのサムネイル画像

今は緑もこんなに濃くなりました。

IMG_0786.JPGのサムネイル画像

春から初夏、里山は本当に日々めまぐるしい早さで変化していきます。

自治会の行事もちゃんと参加してますよ!
道・水路や神社の掃除、山林作業に体育大会。
農作業が始まる4-6月は行事も集中しています。

IMG_0796.JPGのサムネイル画像

そうそう、4月中旬には、
お米農家さんのお手伝いにも行きました。
ずっと仕事が足りないとぼやいていた私にアルバイトの声をかけて頂いたので、
1日だけでしたが、田植えの準備となる稲の種まき作業に参加させてもらいました。
土と種が入った重いパレットを大きなハウスにびっしり1800枚!敷き詰めました。
指先と足腰にくる大変な作業。良い経験をさせて頂きました。
ありがたいことです。

IMG_0804.JPGのサムネイル画像

下の写真は5月末にハウスを覗いた時のもの。
私が4月に並べたパレットは、こんなに見事な苗へと育って、
今まさに田植えに運び出されていくところでした。

IMG_8912.JPGのサムネイル画像

田んぼも春になって水が引かれ、
田植えが終わる頃には景色がいっきに瑞々しくなります。

IMG_9253.JPGのサムネイル画像

IMG_9628.JPGのサムネイル画像

こんな景色のなかに居るだけで幸せ。
田んぼのある風景って本当に素敵ですね。里山の暮らし、人々の営みを感じます。


6月に入ってからは出掛けることも増えました。

仕事がある充実感、がむしゃらに頑張った達成感で心が満たされ、
気持ちが開放的になれたこともあり、
透き通る陽差しと爽やかな風に誘われて移住後初めてオートバイで出掛けました。
6月16日 吉田博展を観るために上田市美術館へ

IMG_0799.JPGのサムネイル画像

上田市美術館を含む劇場やホールの複合文化施設サントミューゼは、
とてもきれいで充実した施設は素晴らしかったです。
佐久はその点、負けてる気がしてちょっと羨ましい...。
上田までは45分程度のドライブで行けるので、今度は妻と出掛けたいと思います。
もちろん!展示も最高でした!
吉田博 生誕140年を記念した全国巡回展は、最後に7/8〜東京へ巡回して終了です。見逃した方は是非!
1枚完成させるのに100行程以上もかけて刷ったという版画、しびれます!

芸術・文化と言えば!

佐久にも全国に誇れるこどもたちのためのイベントがあります!

今年2回目を迎える
「キッズ・サーキット in SAKU」

こどもに本物の舞台芸術との出会いの機会をつくろうという主旨で、
佐久市、佐久市教育委員会、佐久市文化事業団などが主催で行われる
児童・青少年のための舞台芸術フェスティバル。
夏休みの3日間、佐久市内の8つの会場で22公演が繰り広げられます。

実はそのロゴやポスターデザインをさせて頂きました!
もちろんイラストも!

この仕事は冒頭でお話した大変嬉しいオファーの1つ。
こどもたちや佐久市の役に立てる
こうした仕事の機会が得られたことは本当に嬉しく、誇りに思います。
これまた重ねて感謝感謝です。

IMG_0805.JPGのサムネイル画像
▲こちらの写真はその製作発表を報じた4/27夕方のニュース(左)と、6/1から始まったTVCM(右)。
 好奇心いっぱいのこどもを描いたイラストも大活躍です!


仕事がある=
絵やデザインが求められ、
この土地の、まちや人々の役に立ち、喜ばれる。

それがいかに気持ちを、生活を、充実させてくれるか
改めて実感です。

振り返ってみるとこの3カ月は本当に充実していました。
猛烈に仕事が忙しかったのに、
なんだかんだ仕事以外のこともいろいろやってますし...(笑)


さらに、4〜6月は我が家にとって
お祝いが盛りだくさんの季節でもあります。
★4月は私の誕生日
★5月は妻の誕生日
★6月はバティーの誕生日 & 私たちの結婚記念日

4-5月はあまりに忙しくて落ち着かなかったので
お誕生日は6/11のバティー1歳のお祝いと合わせて家族全員分まとめてやりました。

IMG_0808.JPGのサムネイル画像

▲小瓶に入った梅酒は、昨年移住後間もなく漬けたもの。1年間熟成させて、結婚記念日に開封しました。
庭で収穫したわずか5粒の梅の実で作った梅酒ですが、
これがとっても美味しくて感動しました。
移住一年目の苦労が詰まった梅酒。そう思うと感慨深いものがあります。

IMG_0807.JPGのサムネイル画像

▲犬を連れてのカフェランチにも初挑戦。
浅間山を見渡すテラス席で家族揃ってのんびりランチを楽しむ心の余裕がようやく持てるようになりました。
バティーもちゃ〜んとイイ子に出来ました。
ちなみに、訪れたのは のぞみサンピア佐久。眺望の素晴らしい日帰り温泉が人気のスパリゾートです。
ペットOKのレストラン、ドッグランもあって、犬連れでも笑顔で歓迎してもらえます。
我が家からも近いのでまた利用したいと思います。


はい。
ということで、
4〜6月のご報告いかがでしたか?
まだまだ書きたいことはたくさんありますが、
例によって、えらく盛りだくさんの記事になってしまったので
今回はこのくらいにしておきます。


それにしても、
つい最近まで行く先の不安から途方に暮れることも多く、

移住してからこの方、日帰り温泉に行くことすらしなかった私たちにとって、
4月以降の変化は驚くべき進展です。
まだまだ安定した継続的な仕事を得るには至っていませんが、
この地で、絵とデザインで暮らしていくための手応えは掴めた気がします。
それだけでも大きな収穫ですが...

こんなふうに気持ちを明るくしてくれた要因は、
実は、仕事だけではありません。

東京へ帰りたいと度々もらしていた妻にも!最近大きな変化がありました。
地元のみなさんとの関わりの中で、
妻のいきいきとした表情を見られるようになったことが、

私にとって、我が家にとって、どれだけ明るい光となったか...。涙
そのことが、何より、本当に、嬉しく思います。


妻を元気にしてくれたきっかけとは...
一体何だったのか!!??

今回ついでに書くのはもったいないので、
それはまた改めて綴ることにします。


それでは次回をお楽しみに!

footer_erSummer.jpgのサムネイル画像

えふで

えふで

長野県佐久市

東京杉並に長く暮らしていましたが、山の見える自然豊かな土地での暮らしを求めて2016年3月に50才で信州佐久の里山へ移住しました。 目下、絵本作家を目指すグラフィックデザイナーとして田舎暮らしに奮闘中。 家族は妻と愛犬バティー。築35年の空き家を改装した家で草木と田畑に囲まれて暮らしています。 田舎暮らしを検討中の皆さまのお役に立てるよう、移住先探しから移住後の暮らしまで、絵と写真とデザインを駆使して情報発信していきます。 ブロガー名の「えふで」の「え」は絵・縁、「ふ」はフォト(写真)・ふるさと・ふれあい、「で」はデザイン・出会いの意味を込めました。どうぞよろしくお願いします。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ