絵と写真とデザインで綴る移住体験ブログはじめます。

inakagurashi_image.jpg

はじめまして、「えふで」と申します。

このブログを訪ねて頂きありがとうございます。
縁あってこの田舎の暮らし方ブログと出会い、
我が家の移住体験を綴らせて頂くことになりました。
この記事は記念すべき第1回目の投稿になります。

将来の移住を本気で検討されている方も、
今はただ何となく考えている方も、
不安で迷っている方も、
都会から離れられないけど田舎の暮らしに興味がある方も...
どんなかたちであれ、私の体験がほんのわずかでも皆さんの人生のお役に立てれば嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

......

さて、前置きが長くなりましたが自己紹介します。

<年齢/性別/出身地>
私は1966年生まれ、現在50才。
既婚者、男性です。
千葉県出身

妻は1964年生まれ、東京都出身

<仕事>
職業はグラフィックデザイナー
1989年に美大(油絵学科)を卒業後
メーカー、広告代理店勤務を経て
2001年に独立し、自営でデザイン事務所を営んでいます。
肩書きは代表取締役/アートディレクター
...なんだかいきなり格好付けてるようですが、
実体は私と妻だけ(社員ナシ)のちっぽけな会社です。
それに目下弊社は赤字続きで大変な状況です。
移住前からの会社の状況などはこちらの記事で触れていますので詳細は割愛します。

今はデザイナーとして仕事をしながら、
生活費を稼ぐ為、スーパーでアルバイトをしつつ、
絵本作家を目指して絵を描く、という生活を送っています。
→田舎での仕事の苦労や夢は追って書いていきますね。

<家族構成>
妻と愛犬(バティーと言います)の3人(2人と1匹)です。
子供はいません。
→バティーの紹介はこちらの記事をご覧ください。

<移住の経緯>
東京杉並区で約15年マンション暮らし(賃貸)をしていましたが、
2000年頃から山が見えて自然豊かな地で暮らしたいと考えていました。
仕事の関係もあって実現できず長年かかってしまいましたが、
2015年から本格的に移住地探しを始め、
2016年3月に長野県佐久市への移住を果たしました。
→佐久市との出会いや決め手はまた改めて詳しく書く予定です。

<移住歴>
この2017年1月時点で
移住して10カ月、
1年生にも満たない田舎暮らし初心者です。

<住居/立地>
土地は303坪(1003平米)
建物は75坪(248平米)
2年間空き家だった築35年木造二階建て9DKの住宅を購入し、
半年かけて5LDK+アトリエに改築しました。
佐久市の西の端に位置する望月エリアに住んでいます。

佐久平駅から車で約30分
佐久総合病院(臼田)まで車で約30分
標高約750m
近隣の町(望月)まで約1.5km(徒歩圏/車で5分)
そこに24時間営業のスーパーとコンビニ
市役所(支所)、郵便局、警察署、消防署、銀行、病院
ガソリンスタンド、飲食店、コインランドリー、カフェなど
日常生活に必要な施設はほぼ全て揃っています。
→空き家やこの地との出会い、改装の苦労話はまた改めて詳しく書く予定です。

<日常の移動手段>

ほぼ100%マイカーです。
軽自動車(四駆)を1台所有。(移住に際して購入)
ちなみに運転免許があるのは私だけ。妻は免許を持っていません。
大型バイクも1台ありますが、こちらは趣味で日常的には乗ってません。


---以上、こんなところでしょうか。

ずいぶん細かく書くな...と思う方もいるでしょう。
それはみなさんのライフスタイルとの比較の参考になるからです。
みなさんが思い描く移住後の暮らし(ライフスタイル)は人それぞれ、千差万別です。
しかし、年齢なり、家族構成なり、地域なり、何か1つでも共通項があれば
その点においてこれから私が書く体験談が参考になると思います。

さて、少々話が長くなったので最後に冒頭のイラストについて書いて締めくくりたいと思います。

このイラストは移住直前の2016年の年賀状のために私が描きました。
3月には移住して住所が変わることになりますし、
移住という大きな節目を迎える年の年賀状と言うことで、
長年夢みていた田舎暮らしが叶った喜びと、
これから信州佐久で始まる人生第二章の幕開けに対するわくわくした気持ち
そして、初めて手に入れた我が家と庭への愛情を込めて描きました。

お気づきの方もいるかもしれませんが、家族として犬が2頭、それに猫もいます。
実はこれ、田舎暮らしの念願叶って庭付きの広い家に住めた暁には、
ぜひ実現したいと思い描いていた家族構成なんです。
もうずっと前から私たちの頭の中ではワンコもネコも飼っていて(笑)、
みんな名前も性格も(笑)決まっているんです。
つまりこの絵は「私たちこれからこんな暮らしをします!」宣言という訳です。
(改修工事を手間取らせたハクビシンやスズメバチも隠れているので探してみて下さいね。)

こうしていよいよ念願の田舎暮らしが実現して、
さて実際はどうだったのか? そしてこの先どうなるか??
それは今後のブログをお楽しみに!!

と、いうわけで、
これからもこんな感じで絵や写真(時には動画も)そしてデザインを駆使して!?
我が家の田舎暮らしを綴っていきます。
これから移住を検討する方のお役に立てるよう、移住後の話だけでなく
移住先探しの経緯やその過程で学んだことなども、いろいろ遡って書きたいと思っています。
ブロガー名の「えふで」は私の自己表現手段でもある「絵・フォト・デザイン」の頭文字を取りました。
また、田舎暮らしに欠くことの出来ない「縁・ふるさと/ふれあい・出会い」の意味も込めています。
いいでしょう?(自画自賛

初回からずいぶん長くなってしまいましたが、
最後までお読み頂きありがとうございます。
このご縁、出会いに感謝して、今日は終わりにしたいと思います。


それでは次回をお楽しみに!!

footer_72.jpg

えふで

えふで

長野県佐久市

東京杉並に長く暮らしていましたが、山の見える自然豊かな土地での暮らしを求めて2016年3月に50才で信州佐久の里山へ移住しました。 目下、絵本作家を目指すグラフィックデザイナーとして田舎暮らしに奮闘中。 家族は妻と愛犬バティー。築35年の空き家を改装した家で草木と田畑に囲まれて暮らしています。 田舎暮らしを検討中の皆さまのお役に立てるよう、移住先探しから移住後の暮らしまで、絵と写真とデザインを駆使して情報発信していきます。 ブロガー名の「えふで」の「え」は絵・縁、「ふ」はフォト(写真)・ふるさと・ふれあい、「で」はデザイン・出会いの意味を込めました。どうぞよろしくお願いします。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ