恐ろしく乾燥している「はぜ掛け棒」貰いました!

ペーターランド のウキウキ移住ライフ

不要になった「はぜ掛け」に使う棒があると言うので・・・

知人の田んぼへ取りに行ってきました!P1240445.jpg

「はぜ掛け」とは

『刈り取った稲を天日干しするために掛ける』ことを言います。P1160096.jpg

田んぼの前の道路沿いには

田んぼの所有者が設置した縦長の小屋が一列に並んでおり、その中に「はぜ掛け棒」が保管されています。知人の畑の前に設置された小屋の「はぜ掛け棒」は、何と!奥さんがお嫁に来た40年前には既にあったそうです。また10年前からコンバイン(稲を刈り取りながら脱穀する農業機械)を使うようになってからは、はぜ掛けもやらなくなったとか。。。

つまり、恐ろしく乾燥した木と言うことです。

P1240168.jpg

はぜ掛け棒の長さは

長いもので10メートル近くありました。軽トラに積める長さに切って我が家へ持ち帰ったり・・・P1240452.jpg

小屋の前で玉にカットして持ち帰ったりして・・・

P1240448.jpg

軽トラ5杯分にもなりました!

P1240451.jpg

恐ろしく乾燥している「はぜ掛け棒」なので・・・

熾(おき = 薪が燃え尽きて炭火のようになったもの)が少しストーブに残っているだけで、あっ!と言うまに着火する優れものです。P1240456.jpg

それでは今日はこのへんで。。。ペーターランドでしたぁ~

ペーターランド

ペーターランド

長野県佐久市

11年間の二地域居住を経て、2011年神奈川県茅ヶ崎市より標高1200mの森に移住しました。住まいのログハウスには、家内(ミセス・ペーターランド)とレトリバー犬のデル、捨て猫だったスモーキーが一緒に暮らしています。 3台の薪ストーブ(暖房用2台、調理用1台)を所有、約10ヶ月間は薪ストーブを焚く生活です。夫婦で薪作りの傍、春から秋にかけては大型バイクで高原を走り廻り、冬はスキー三昧、そして2017年からは乗馬も初めた1954年生まれのオジサンです。また、佐久市の移住交流相談員として、移住希望の皆さんに「空き家バンク」の物件のご案内や、先輩移住者の立場から田舎暮らしのアドバイスを行っています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ