再開!

ペーターランド のウキウキ移住ライフ

朝ベッドから起き上がろうとした時、腰からお尻にかけて今まで味わったことがない激痛に襲われました。その日以来、乗馬も薪作りも、もちろんバイクからも遠ざかっていました。しかし病院で処方してもらったら痛み止めと湿布薬のお陰で徐々に痛みから解放され、1ヶ月ぶりに望月馬事公苑へ行ってきました!P1220696.jpg

45分間の乗馬で私も騎乗したイーサンもドップリと汗をかきましたが、何事もなく無事レッスンを終了することができました。P1220750.jpg

そしてタイミング良く、頼んでおいた6トンの原木が我が家に到着!P1220721.jpg

P1220724.jpg

P1220725.jpg

コルセットを腰に巻いて恐るおそる玉切りに取り掛かりました。コルセットを着けているとは言え、重い原木や玉の移動は腰に負担がかかるため、先端の鋭い爪で原木をしっかりつかみ、楽に持ち上げることができるリフティングトングを多用しました。P1220784.jpg

P1220790.jpg

チェーンソーの燃料タンク1.5杯分の玉を切ったところで作業を終了。P1220767.jpg

そして、2度目の玉切りも腰に痛みはなくホッと一安心しました!P1220785.jpg

もちろん、乗馬も玉切作業後も春日温泉にジックリ浸かり、入浴後には湿布薬を貼って腰のケアーを入念に行なっています。

それでは、今日はこのへんで。。。ペーターランド でしたぁ〜

ペーターランド

ペーターランド

長野県佐久市

11年間の二地域居住を経て、2011年神奈川県茅ヶ崎市より標高1200mの森に移住しました。住まいのログハウスには、家内(ミセス・ペーターランド)とレトリバー犬のデル、捨て猫だったスモーキーが一緒に暮らしています。 3台の薪ストーブ(暖房用2台、調理用1台)を所有、約10ヶ月間は薪ストーブを焚く生活です。夫婦で薪作りの傍、春から秋にかけては大型バイクで高原を走り廻り、冬はスキー三昧、そして2017年からは乗馬も初めた1954年生まれのオジサンです。また、佐久市の移住交流相談員として、移住希望の皆さんに「空き家バンク」の物件のご案内や、先輩移住者の立場から田舎暮らしのアドバイスを行っています。

コメント

やしろ

暫く更新が無かったので心配していました。
田舎暮らしは体力使いますが、その分得られる物も多いですね。特に精神力でしょうか。
私も今年は佐久、蓼科に暫く居座ろうと思います。
どうぞお大事になさって下さい。

ペーターランド からやしろへの返信

やしろ様、お気遣い有難うございます。
この歳にして初めて腰痛を経験しました。
まだ不安もありますが、腰をケアーしながら森暮らしを楽しんでいきたいと思います。
これからも「ペーターランド のウキウキ移住ライフ」をよろしくお願いいたします。

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ