把瑠都(バルト)元大関も参加!佐久市のエストニアウィーク

ペーターランドのウキウキ移住ライフ

ヨーロッパのバルト海に面するバルト3国の1国であるエストニア共和国に"SAKU"という町があることから、平成11年より交流が始まりました。一昨年からは、友好関係を深めることを目的とした「エストニア共和国サク市子ども交流研修」が始まり、エストニア共和国サク市の子どもたちが佐久市を訪れ、ホームステイや中学校体験入学、子ども交流会を通じ、日本の文化や習慣に触れています。

佐久市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの「エストニア共和国」のホストタウンに登録されており、2月24日は「エストニア共和国」が独立を宣言してから100周年の記念日にあたることから、佐久市姉妹都市・友好都市親善協会との共催により、多くの佐久市民の皆さんにエストニア共和国を知ってもらうため、2月24日から3月2日 まで「エストニアウィーク」と銘打ったイベントを開催しました。estoniaweek-chirashi[1].jpg

会場となった北陸新幹線佐久平駅近くのショッピングセンターと2ヶ所のスーパーでは、エストニア産のハチミツやフラワーティー、ハンドメイドの木製グッズ、北欧雑貨(ムーミングッズ)等を販売しました。P1210940.jpg

《ネズの木(ヒノキ科)のヘラやバターナイフ・鍋敷・コースター・クルミ割り》P1210922.jpg

《陶器キャンドルの火消し》P1210918.jpg

《木製人形》P1210921.jpg

《ムーミングッズ》P1210927.jpg

《ロイヤルゼリやプロポリスが入ったハチミツ》P1210912.jpg

私は土曜と日曜日の2日間、市役所に近いスーパーでそれら商品の販売を担当しました。P1210911.jpg

日曜日のショッピングセンターのイベントホールでは、エストニアを題材としたショートミュージカルやトークショー、アコーディオンとバイオリンによるミニコンサートが行われました。 また、佐久市の親善交流大使を務めるエストニア共和国出身の元大関・把瑠都(バルト)さんが参加、じゃんけん大会やサイン会、撮影会が行われましたが、イベントの合間を縫って私が担当したスーパーにも駆けつけ、ご来店いただいた皆さんへ陽気にサインや写真撮影に応じていました。P1210930.jpg

P1210931.jpg

エストニアウィークは盛況のうちに無事終了!
大勢の皆さんにエストニア共和国の事を知っていただいた1週間でした。

朝食にはエストニア産の自然が丸ごと詰まったハチミツを焼きたてのパンと一緒にいただいてま〜す。P1210935.jpg

それでは今日はこのへんで。。。ペーターランド でしたぁ〜

ペーターランド

ペーターランド

長野県佐久市

11年間の二地域居住を経て、2011年神奈川県茅ヶ崎市より標高1200mの森に移住しました。住まいのログハウスには、家内(ミセス・ペーターランド)とレトリバー犬のデル、捨て猫だったスモーキーが一緒に暮らしています。 3台の薪ストーブ(暖房用2台、調理用1台)を所有、約10ヶ月間は薪ストーブを焚く生活です。夫婦で薪作りの傍、春から秋にかけては大型バイクで高原を走り廻り、冬はスキー三昧、そして2017年からは乗馬も初めた1954年生まれのオジサンです。また、佐久市の移住交流相談員として、移住希望の皆さんに「空き家バンク」の物件のご案内や、先輩移住者の立場から田舎暮らしのアドバイスを行っています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ