移住したら体力も気力もアップした!

ペーターランドのウキウキ移住ライフ

居住先はスーパーや病院が近い場所と考えている皆さんが大勢いらっしゃいますが、移住後の楽しみ方をジックリ考えながら、居住地を検討することも忘れてほしくないと思います。

さて、私は今シーズン9回目のスキーへ行ってきました!P1000114.jpg

遠くの北アルプスまで見渡せたゲレンデで2時間ばかりスキーを楽しんで帰宅した後は・・・P1110434.jpg

ミセス・ペーターランドが買い物へ出かけていたため、私一人でランチに。。。P1210535.jpg

正月中もずぅぅっと食べていた「お汁粉」にしましたが、それも今日で食べ納めでした。残念!P1210537.jpg

P1210539.jpg

キノコ栽培に使うホダギの伐採業者さんから「ハブキがあるから取りにおいで」と電話があったのを思い出し、アフターランチは、ナラのホダギを約500kgいただいて参りました。ハブキとは言え、近くのホームセンターでは、薪ヒト束(5kg)を750円で販売していますから、いただいたホダギを換算すると結構な金額になります。 「移住したら薪ストーブを・・・」って計画している皆さんには、原木が無料でゲットできる「薪ネットワーク」の構築が必須です。私のように会う人会う人に「薪ストーブやってます!」って連呼するのも薪ネットワーク構築の助けになりますよ。P1210541.jpg

午前中はスキーで汗を流し、午後は500kgのホダギを運べたのも、移住前より確実に体力と気力がアップしたからです。これは薪作りや様々な楽しみを実践している森暮らしのお陰だと思います。

それでは、今日はこのへんで。。。ペーターランドでしたぁ~

ペーターランド

ペーターランド

長野県佐久市

11年間の二地域居住を経て、2011年神奈川県茅ヶ崎市より標高1200mの森に移住しました。住まいのログハウスには、家内(ミセス・ペーターランド)とレトリバー犬のデル、捨て猫だったスモーキーが一緒に暮らしています。 3台の薪ストーブ(暖房用2台、調理用1台)を所有、約10ヶ月間は薪ストーブを焚く生活です。夫婦で薪作りの傍、春から秋にかけては大型バイクで高原を走り廻り、冬はスキー三昧、そして2017年からは乗馬も初めた1954年生まれのオジサンです。また、佐久市の移住交流相談員として、移住希望の皆さんに「空き家バンク」の物件のご案内や、先輩移住者の立場から田舎暮らしのアドバイスを行っています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ