佐久市移住お試しツアー《初日》

ペーターランドのウキウキ移住ライフ

JR東日本・大人の休日倶楽部とのコラボ企画「佐久市移住お試しツアー」の初日の様子です。

最初の訪問地は、三次救急を含む急性期医療と紹介患者のみを対象とする専門医療に特化した「医療が充実したまち佐久」にふさわしい「佐久医療センター」でした。院内で医療センターの概略を説明していただいた後は・・・P1200858.jpg

長野県で最初に運用が開始されたドクターヘリを間近で見学いただきました。P1200868.jpg

ドクターヘリのコックピットも覗くことができました!P1200870.jpg

そして、ドクターヘリが発着するヘリポートからは浅間山(右)を望むこともできました。P1200877.jpg

つづいて苔が見事な「貞祥寺」を訪問。P1200881.jpg

紅葉もちょうど見頃を迎えていました。P1200892.jpg

貞祥寺から程近い果樹農園では、「りんご狩り」を体験していただきましたが、サプライズで、木になっていたプルーンも試食していただきました。ツアー参加者の殆どが生のプルーンは初めてで、皆さん大喜びで召し上がっていました。P1200902.jpg

平安時代を最盛期に約600年以上に渡り天皇に献上された馬は「満月の駒」と称された最高の良馬で、満月を意味する望月の名をとって「望月駒」と呼ばれていました。やがて、地名として「望月」が定着するようになったと推測されています。昼食の後は、その望月エリアへ移動、「望月の駒 草競馬大会」を観戦しました。P1200917.jpg

P1200932.jpg

P1200928.jpg

白熱した草競馬観戦の後は、宿泊先の春日温泉「もちづき荘」へ。美肌の湯として定評のある温泉で旅の疲れを癒していただきました。P1200954.jpg

それでは、今日はこのへんで。。。ペーターランドでしたぁ〜 P1200913.jpg

ペーターランドのウキウキ移住ライフ

ペーターランドのウキウキ移住ライフ

長野県佐久市

11年間の二地域居住を経て、2011年神奈川県茅ヶ崎市より標高1200mの森に移住しました。住まいのログハウスには、家内(ミセス・ペーターランド)とレトリバー犬のデル、捨て猫だったスモーキーが一緒に暮らしています。 3台の薪ストーブ(暖房用2台、調理用1台)を所有、約10ヶ月間は薪ストーブを焚く生活です。夫婦で薪作りの傍、春から秋にかけては大型バイクで高原を走り廻り、冬はスキー三昧、そして2017年からは乗馬も初めた1954年生まれのオジサンです。また、佐久市移住交流相談員として、移住希望の皆さんに「空き家バンク」の物件のご案内や田舎暮らしのアドバイスを行っています。佐久市役所 移住交流推進課に在籍。

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ