キノコの仮伏せ作業

ペーターランドのウキウキ移住ライフ

千曲川の河川敷で開催された「キノコ教室」で種駒(キノコ菌を繁殖させた木片)を打ち込んだ原木の「仮伏せ作業」を行うことにしました。仮伏せとは原木全体に、キノコ菌の菌糸を繁殖させるための作業のことです。

《キノコ教室》P1180619.jpg

P1180632.jpg

まずは林道のススキを採りに出かけようと思い、軽トラのエンジンをかけようとしたところ何の反応もありません!しばらく乗っていなかったので、バッテリーが上がってました!

P1180962.jpg

林道には昨年の暮れに刈られたススキがたくさんあります。

P1180963.jpg

あっ!と言う間に収穫作業が終了。。。

P1180965.jpg

キノコ教室でいただいた説明書を参考に「シイタケ」と「クリタケ」の仮伏せ作業をスタート!

P1190004.jpg

前もって決めておいた場所へ原木を運びます。

P1190005.jpg

仮伏せの場所は、アカマツやカラマツ、栗の木立に囲まれた太陽光があまり当たらない場所にしました。

P1190013.jpg

シイタケとクリタケでは仮伏せの方法が若干異なっています。「シイタケの原木は必ず落ち葉の上に置いて仮伏せをする」ように書かれていました。

P1190006.jpg

クリタケの原木は地面によく接地させ、隙間なく並べて仮伏せをします。

P1190009.jpg

両方の原木にススキを覆い仮伏せ作業が終了。シイタケはこの状態で1年間仮伏せを行なった後、斜めに立てかけて本伏せを行います。クリタケは10月ごろに原木の8割ほどを地面に埋めて本伏せを行います。キノコの収穫にはまだまだ時間がかかるようです。

P1190011.jpg

それでは、今日はこのへんで。。。ペーターランドでしたぁ〜

ペーターランド

ペーターランド

長野県佐久市

11年間の二地域居住を経て、2011年神奈川県茅ヶ崎市より標高1200mの森に移住して来ました。住まいのログハウスには、家内(ミセス・ペーターランド)とレトリバー犬のデル、捨て猫だったスモーキーが一緒に暮らしています。 3台の薪ストーブ(暖房用2台、調理用1台)を所有、約10ヶ月間は薪ストーブを焚く生活です。夫婦で薪作りの傍、5月から10月まではバイクで高原を走り、12月から4月まではスキー三昧の生活を楽しんでいます。また、佐久市の移住交流相談員として、移住希望の皆さんに「空き家バンク」の物件のご案内や、先輩移住者の立場から田舎暮らしのアドバイスなどを行っています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県佐久市(さくし)の移住ブログ