移住からの二ヶ月

大阪から長野へ来て二ヶ月。
夏は涼しくせっかく付けて貰ったクーラー様が起動したのは片手で数える程度です。
これが大阪ともなればそうは行かないでしょうね......butしかし......。

夏は良いですよ夏はね、じゃあ冬はどないやねんって話しで。
今朝のこと、スマホで気温見てみれば10℃......どうりで寒い訳か。

長野と言えば冬!雪!スキー!スノボー!ウィンタースポーツ!
うん。俺寒いの苦手なんだ......ほんでもってインドア派やねん。

でも長野の冬で今一番気になっていることがあります!
それはワカサギ釣り!カッチカチに氷付いた湖で釣りなんて楽しそうですよね?
今年の冬はワカサギ釣りに挑戦したいと思っています。

話しは変わりまして、この二ヶ月の話しに戻ります。

そもそも人生で長野の来たのは、地域おこし協力隊での面接の時が初めてでした。
JR長野駅から徒歩数十歩のホテルに泊まり、善光寺にお参りに行きました。
縁が生まれた瞬間かもしれないと今なら思えます。

知らない土地、知らないお店に知らない人達ばかりの環境。
いざ合格が決まった時に初めに思ったのは、生活していけるかな?ってことでした。
それでも案外なんとかなるもんです。今は毎日が楽しいですからなんとかってるということでしょう。

自分に加えて、地域おこし協力隊はあと二名います。
8月に着任するより少し前、6月から着任した先輩がいたのです。
とはいえ、二人共同じ歳というミラクル。
近くにそういう人がいるだけでも感じ方は変わるんだって感じました。

第二回目の記事はここで終わりたいと思います。
次回はヤギです。皆さんが待ちに待ったヤギ回です。

冨高 俊一

冨高 俊一

長野県飯綱町

2016年8月1日 大阪府から長野県へ 地域おこし協力隊の一員として活動してます! 現在は赤東地区で「赤塩焼」という焼き物の復活プロジェクトに携わってます。土探しからスタートですが楽しい毎日を過ごしてます。

コメント

この投稿者の移住ブログ

長野県飯綱町(いいづなまち)の移住ブログ