現金

地域おこし協力隊の辻です

『現金ですかぁ〜! 現金があれば何でも出来る。 現金ですかぁ〜!』
とあるSAX奏者のライブでの叫びです。

わたしの住む日之影町では、キャッシュレスで支払いができるお店は数えるほどしかありません。
IMG_2709.jpeg

わたしは、プロパンガス料金をWAON。
IMG_2931.jpeg

電気料金はクレジットカード。
IMG_2930.jpeg

水道料金は銀行口座引き落としです。

個人商店が現金のみの取扱いは理解できます。
しかし、商業施設が現金しか取扱わないというのは、国や県が推進するキャッシュレスに逆行しているかもしれません。

キャッシュレスの一番のメリットは『時間』だと、元国税芸人がラジオで言っていました。
レジでの支払いの時間。従業員のレジ締めにかかる時間。売り上げを銀行へ持って行く時間。釣り銭を準備する時間。

元日付けの地方新聞に掲載された記事でも、キャッシュレス導入でレジ作業の負担減(時短)と書かれていました。

商業施設は、外国人(インバウンド)のお客さんも多いので、ここはひとつキャッシュレスの導入を検討してみてはいかがでしょう。

PayPay や LINE Pay は、二年間事業者手数料が無料のようです。

日之影町

日之影町

宮崎県北部広域行政事務組合

宮崎県の最北部に位置し、九州の百名山に名を連ねる山々と、深いV字谷を形成した渓谷が大自然の美を織りなす、自然豊かな町です。 この豊かな自然環境を活かし共存する人々の営みが評価され、2015年には世界農業遺産に、2017年にはユネスコエコパークに登録されています。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ