椎葉村地域おこし協力隊募集中!

協力隊の池田です。

秋晴れになって過ごしやすくなったと思ったとたんに、朝晩の冷たい風が吹き始めた椎葉村です。


今週末は村民体育大会!
各地区対抗の、大人の真剣勝負な運動会のようで、今週は各地区ごとの練習に盛り上がっている様子です。
その様子はまた改めて報告するとして、、、

今回は、来年度の地域おこし協力隊募集のお知らせです!

椎葉村には、ここにしかない面白さ、奥深さ、味わい深さがたくさんあります。
一緒に味わいたい!というお仲間を歓迎します。

以下、椎葉村HPより抜粋です。「ピピッ」と来た方からのお問合せをお待ちしております!
(募集要項などの詳細は、椎葉村HP http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/promote/2019/10/post_36.php まで!)

サバイブ椎葉_アイキャッチ.jpg

======================================
「世界農業遺産」「日本三大秘境」の村 椎葉村
椎葉村は、九州中央山地の中央部に位置する「日本三大秘境」と呼ばれる村です。 平家落人伝説を伝える村であり、現在でも独自の文化を維持し、神楽、臼太鼓踊、ひえ つき節をはじめとする民謡、民話等、古くから伝わる慣習や伝統文化、暮らしのなかで築 かれた技や知恵を大切に継承しており、日本に残されていない資源が豊富で、多くの人を 魅了します。 しかし、人口減少は止まらず、活性化の可能性はあってもマンパワーが足りず、やりた いけどできないという状況もあります。こうした事を地域おこし協力隊として力を発揮 し、椎葉村の地域活性化に一緒に取り組み、更に魅力的な村にする事をやっていただける 方を募集します。
1.椎葉村の「地域おこし協力隊」の特徴
① 目的は椎葉村への移住・定住 (役場の人手不足の解消ではありません。椎葉村の未来を創るためのチャレンジミ ッションです。)
② 副業OK!むしろ推奨! (どんどん稼いで定住に向けた基盤をつくりましょう)
③賞与有り。有給休暇多め (業務外の事にもお金や時間を使えます)
※平成 27 年から現在まで 15名が着任しています。
2.「地域おこし協力隊」に期待すること
①椎葉村ならではの魅力の発見と共有 (あなたの感受性で教えてくれた魅力が地元民の自信になります)
②柔軟な発想と今までにない視点 (ここには何もないから・・・というあきらめを揺さぶるアイデア)
③新しいネットワークと実行する力 (あなたの家族や友人知人、スキルや職歴にこの村をかけ算すると?)
3.募集人員 

 ・「繋げるエディター」・・・・・・・・・ 1名

 ・「ムラの営業マン」・・ ・・・・・・・・・1名

 ・「えんがわ食堂」・・・・・・・・・・・・・1名

 ・「山奥のコンテンツストラテジスト」・・・・若干名

 ・「Only oneプランナー」・・・・・・・・ 1名

 ・「秘境de農業」・・・・・・・・・・・・・若干名

4.募集対象

 (1)応募時点で原則45歳未満であり、次のすべてに該当する方が対象となります。

 (2)現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎地域以外)に在住しており、採用決定後、椎葉村に住民票を異動し、移住できる方。

 (3)普通自動車運転免許を有し、実際に運転できる方(MT、AT限定は問いません。

 (4)心身ともに健康で、地域おこし活動に意欲と情熱があり、積極的に活動できる方

 (5)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

 (6)活動終了後、起業・就業し、定住する意欲のある方

 (7)パソコン(ワード・エクセル等)の操作が行える方。

5.勤務時間

 (1)週40時間。

    椎葉村では独立、起業を視野に入れた自主活動や仕事を推奨しています。そのた め勤務時間での定住に向けたミッション以外の副業に繫がる活動も可能です。起 業準備や資格取得、農林業、地域活動など独自の活動を積極的に行って下さい。

 (2)勤務時間等については、業務内容により変動することがあります。特に農業は、農繁期は変動する事になります。

 (3)年次休暇があります。

6.雇用形態

 (1)椎葉村の会計年度任用職員として、村長が委嘱します。

 (2)期間は、委嘱の日から1年間とします。なお、期間は更新することができ最長で委嘱の日から3年間となります。

    着任開始日は4月1日を予定していますが、相談の上、調整は可能です。

7.待遇及び福利厚生

 (1)給与    月額166,000円

 (2)住宅    椎葉村で確保します。家賃については、「秘境de農業」の隊員は就農した際に所得の差が大きくならないように3万円/月までを隊員で負担し、それを超える部分を村で負担します。 

          それ以外の隊員については、全て村で負担します

 (3)諸手当   年2回賞与(月額報酬相当を2回)       

          通勤手当は通勤距離に応じて

 (4)社会保険等 厚生年金、雇用保険等に加入します

 (4)その他   業務に要する車両は隊員所有の車両を使用し、走行距離に応じて費用をお支払いします。

8.応募方法

 (1)椎葉村公式ホームページにて、「地域おこし協力隊」応募用紙及び目標レポートをダウンロードし、必要事項の記入と写真を貼り下記住所まで郵送してください。

    なお、1人で複数の業務に申し込む事は可能ですが、それぞれにレポートを作成して下さい。

 (2)応募締め切り 令和元年11月29日 午後5時までに必着

 (3)メールアドレスは携帯電話以外のものを記入してください

 (4)応募先および問い合わせ先

    〒883-1601 宮崎県東臼杵郡椎葉村下福良1762-1

     椎葉村役場地域振興課 企画グループ

    「地域おこし協力隊」担当

     TEL 0982-67-3203

     Mail shiibachiiki@gmail.com

9.選考

 (1)第1次選考

    書類選考(場合によってはWEB面談を行います)の上、結果を応募者全員にメール及び郵送で通知します。

    第1次選考合格者には、2次選考の詳細をお知らせ致します。

    

 (2)第2次選考 

    期日:椎葉村役場において第2次選考試験(面接試験)を実施します。

       なお、第2次選考試験のために必要な交通費等は個人負担となります。

詳細については、追ってお知らせ致します。

選考結果は、後日、メール及び郵送で通知します。

10.その他

  (1)募集に関する質問は、shiibachiiki@gmail.comあてにメールをお願いします。

椎葉村

椎葉村

宮崎県北部広域行政事務組合

日本三大秘境の一つ、椎葉村。 広大な村の面積の96%が森林地帯であり、残りの斜面を家や田畑として利用してきた村の人々。山で生きる知恵と相互扶助の文化が暮らしに色濃く残る地域です。 10の地区からなり、それぞれ景観、言葉、人の性格に特徴があって、合衆国のような村です。 自然の恵みを活かしながら、暮らしと仕事を成り立たせてきた椎葉の人は、たくましく賢く、器が大きいです。都会では感じにくい、「人に支えられていること」を日々実感できるのが、椎葉での暮らしです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ